税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

相続税理士50選に載るか・載らないか?

相続・贈与・相続税・贈与税 生き方・働き方

税理士・ファイナンシャルプランナーの福田真弓です。
ブログをリニューアルし、今日から再スタートします。

今朝の新聞に「相続税理士50選」というものが掲載されていました。

ここに載るか載らないか。
税理士なら、どちらの選択肢も選べます。

このどちらを選ぶかは、働き方の違いであり、税理士ごとの生き方の違いだと考えています。

相続税理士50選は、いわば「自称」

この相続税理士50選は「広告」です。

広告代理店の営業マンが税理士に「新聞上で広告しませんか?」と営業し、
お客様を集めたい税理士が、広告料を払って、広告を掲載してもらっています。

つまり「うちの税理士事務所は相続税申告・相続税ビジネスをやりたい。力も入れている。
だから、お客様、どうぞうちに来てね」という、相続税理士を集めた50選です。

タイトルには「信頼できる相続・贈与に詳しい」と書かれていますが、これは税理士の「自称」です。

新聞社が信頼できると思った税理士を選び、読者に推薦している訳ではありません。

自分はここに載りたいか?

「どの税理士に頼んだらいいか分からない」という一般の方にとって、手がかりにはなるでしょう。
大手から中小まで幅広く掲載されていて、 50のうち18は(名前だけという事務所もありますが)私も知っています。

「掲載しませんか?」という広告代理店からの営業は、実は、ひとり税理士の私にもありました。
つまり、福田真弓は相続税理士50選に載り得る(掲載したいかも)と思われていた、ということです。

すべての税理士に連絡が来ている訳ではないようです。
ということは、掲載する税理士選びに広告代理店のスクリーニングは入っているので、単なる自称とはいえないかもしれません。

広告料はブランドバック1個分。

大手税理士法人にとっては、微々たる金額です。
私でも難なく払え、しかも経費になるので、節税にもなります。
この新聞の読者層に広く「相続税理士」として認識されたいなら、費用対効果は高いはずです。

でも、私がここに載ることはありません。
マスマーケット向けの広告が必要となるような働き方をしていないからです。

結局、生き方が働き方になる

税理士やファイナンシャルプランナーの業務には、さまざまなものがあります。

相続に関しては、相続税の申告を請け負ったり、生前の相続対策の相談に応じたり。
また、企業と提携し、金融商品や節税の提案を行ったり。
どれを選ぶかは、各人の選択に委ねられています。

私は、普通の人が日々の生活や老後に漠然とした不安を抱かずに済み、毎日を楽しむ人が1人でも増えるための一助になる仕事をしたいと考えています。
お金や税に関して、売り手(国や企業など)と買い手(普通の人)の情報や知識の格差が、とても大きいと感じているからです。

税務申告も、書籍やブログによる情報発信も、そういった考えのもとに行っています。
なので、マスマーケット向けにこういった広告が必要になる相続ビジネスには、興味がないのです。

近ごろ「働き方改革」がよく話題になりますが・・・

性別、年齢、家族、学歴、会社、資格など、私たちが持つ属性や肩書は様々ですが、
それらにとらわれず、自分が心から進みたいを思う道を進めること。

そして、誰もが自分の生き方に沿った働き方を選択でき、それにより不利益を被らないようにすること。

それが本当の働き方改革なのではないでしょうか。
新入社員はいませんが、私も自分の場所で少しずつ、生き方改革・働き方改革をしています。

ひとりごと

週末は、代々木公園のドッグランへ。
桜は半分ほど散っていましたが、まだまだたくさんのお花見客が。
ボランティアの方が大切に手入れをされていたチューリップは、ちょうど見ごろを迎えていました。

-相続・贈与・相続税・贈与税, 生き方・働き方

関連記事

1足のわらじすら履きかねてたけれど

十人十色の「ひとり税理士」という生き方 posted with ヨメレバ 井ノ上 陽一 大蔵財務協会 2018-05-30 知人である井ノ上陽一さんが編集した『十人十色の「ひとり税理士」という生き方』 …

確定申告が終わったらまずひとやすみ。上手に自分を甘やかそう

今日3月15日は、所得税・贈与税の申告期限および納期限です。※ 個人の消費税は3月31日です。 「私、本当に全件提出し終えてるよね?」と、昨夜、急に不安になり 念のため、今朝すべてのファイルを再確認し …

マンション敷地への小規模宅地等の特例適用

今日は、コープ生協さんでの講演でした。 コープさんには今年2月にもお邪魔していて、今回はその続編を、というご依頼があり 「小規模宅地等の特例」「生前贈与(主に特別受益、つまり遺産分割への影響)」「相続 …

国税庁HPに「相続税の申告要否判定コーナー」が開設されました

昨日5/11より、国税庁のHP上に「相続税の申告要否判定コーナー」が設けられています。

改正相続法を味方につける。自筆証書遺言がより手軽に・確実に

民法(の相続に関する規定)が、約40年ぶりに変わります。 そのうち、特に影響が大きいと思われる「自筆証書遺言」の改正点をまとめました。 目次1 今までは「公正証書遺言」が主流1.1 公正証書遺言とは? …