50代ファッションは「色・巻き・抜き」で

装う

50代になって初めての夏服選びを前に

スタイリストの猪熊夏子さん(なっちゃん)の
パーソナルスタイリング(コンサル+ショッピング同行)を受けました。

ダサいのは嫌だけど、気張りすぎてイタいのも避けたい、というわけで
頂いたアドバイスを参考に、「色」「巻き」「抜き」を意識するようにしています。

「色もの」にもトライ

なっちゃんはもともと知り合いなので、私のファッション傾向はご存じでしたが
ワードローブの写メを見て最初に指摘されたのは、「色もの」の少なさでした。

30代の頃は色ものもよく着てましたが
40代以降は、黒、紺、グレー、白、ばかり買ってたので…

肌や髪の衰えが気になるせいか、つい無難に無難にと。

でも、BS番組でヨーロッパのシニア女性を見ていると
かなり高齢の方でも、服やメイクは色鮮やかで華やかです。

髪も瞳も黒い上、さらに暗い色を着ている日本のシニア女性とは対照的。

といっても、じゃあカラフルなら何でもいいわけでもなく
成熟した年代だからこそ、自分が好きな色で、似合う色を着たい。

それには、パーソナルカラー診断を参考にした方がよいとのことで
私もかなり前に受けて以来なので、また受けようかなと思ってます。

ちなみに、ベーシックカラーでもベージュは難しく
合わないベージュは、顔色が悪く老けて見えるので、要注意だそうです。

「巻きもの」を活用

さらに、やたらカーディガンに逃げず
ストールやスカーフなど、「巻きもの」を使うようアドバイスされました。

巻き方は特に凝らなくてもOK。

女性の夏ファッションは、冷房対策のはおりものが必須ですが
ジャケットではなく、カーディガンがメインという方は多いですよね。

私も、白、ブラウン、グレー、紺…とクローゼットには夏カーディガンだらけ。

ただ、いきなり色柄のはおりものはハードルが高いので
今回はASAUCE MELERのオーガニックリネンストールを手に入れました。

シルバーグレーの優しい色合いと手触りは、真夏にも重宝しそうです。

決めすぎずに「抜く」

あとは、「抜け感を作る」
これが一番、プロのTipsだなあと感じました。

たとえば

・はおりものは、首の後ろ、襟足を抜く(着物と同じ)
・ピアスとネックレス、どちらかをやめる(必ず両方つけてました)
・アクセは、プラチナとゴールドを混ぜてみる
・ハイブランドのアイコンアクセやダイヤ、パールに頼らず、地金でデザイン性のあるアクセを選ぶ
・服で色を抜いたら、バッグ・靴の色は締める

など。

確かに先日いらっしゃったお客様は
アクセの素材をMixされていて、それがとてもよくお似合いでした。

他にも、腕のまくり方や裾の出し方など
ファッションに限らずですが、力は入れるより抜く方が難しい。

まあ、ファッションの自由度は年々増していますし
夏の猛暑や肌・髪の悩みはあっても、もっともっとおしゃれを楽しみたいですね。

※なっちゃんおすすめの、MARIA BLACKとHirotakaのピアス
小さくてシンプル、かつ、上品なデザインのものを、後日探して買いました

-装う

関連記事

2019年、買ってよかったもの

ミニマリストではありませんが、年々、物を買わなくなっています。 そんな中でも、今年買ったものの中から「これはおすすめ」と思うものをまとめてみました。 目次1 M・A・C のアイメイクアップベース2 マ …

物は「命の残り時間」で買っている。だから大事なのは稼ぐ額より使い道

「銀座三越でパーソナルスタイリングをしますのでよろしければ」と、イメージコンサルタントの工藤亮子さんからご連絡を頂きました。 ちょうど雑誌で、日本橋三越の同じサービスを目にしていたこともあり、立ち寄ら …

台風19号の功罪

台風19号の被害にあわれた方に、心よりお見舞い申し上げます。 目次1 残念だったこと。ハワイ行きの断念2 よかったこと。もしもの備えの再確認ができた3 ひとりごと 残念だったこと。ハワイ行きの断念 来 …

汗まみれのオシャレ着にはとりあえず水シャワー

酷暑は小休止といった感じですが、それでも毎日湿気が多く、ムシムシします。 目次1 どうしていますか?汗まみれの服2 私の対処法2.1 1. 浴室で服をハンガーにかけ、左手に持つ2.2 2. シャワーの …

テレビメイクのポイントは「色より影」

長年やっても、ちっとも上手くならないのが「お化粧」です。 18歳から43歳まで、365日×約25年=9,125回もしているというのに・・・。 かといって、メイク雑誌を買って勉強するはずもなく、今や美容 …