既に消化試合。だからこそ内発的動機づけで埋め尽くしたい

心理学・カウンセリング

先週、北海道に行ってきました。

札幌で、勤務税理士時代の友人とゴハンを食べたとき
彼女が「私たちはもう消化試合だからね」とつぶやいていて

それが、いい意味で印象的でした。

役立てたことが分かるとうれしい

少し前、とある業界紙に相続についての原稿を書きました。

その後の号で、読者アンケートをみたところ
人気記事ランキングの1位になっていて

ちょっとびっくりしましたが、素直にうれしかったです。

「役立てた感」が分かりやすい仕事と分かりにくい仕事

自分の仕事が誰かの役にたつのは、うれしいしありがたいことですが

仕事の種類によって、その役立てた感が分かりやすいものと分かりにくいものとがあり。

申告や相談といったクライアントワークは
目の前に相手がいて、直接フィードバックをもらえますし

講演などの話す仕事も
オンラインではなく対面なら、その場である程度、聞き手の反応が分かります。

でも、雑誌への執筆や取材は
依頼して下さった方の満足度も、もちろん大切ですが
肝心なのはさらにその先にいる、読み手に役立てたかどうかで。

本やウェブ記事なら、ある程度、部数やページビューに反映されますが
雑誌や業界紙はそれもなく。

なので、こうやって見える化して頂けて、ありがたかったです。

だけど受け身より、望んで得たものの方が意欲がわく

ちょうど先週、書籍の企画を通して頂き、新たに本を書き始めました。

私は、編集者さんの側から依頼されるという
「受け身」の形で、本を書いた経験がありません。

正確に言えば、共著や監修はありますが、単著はないです。

なぜかというと、私にとって本を書くことは、
鶴が自らの羽を抜いて機を織るようなもの(イメージは鶴の恩返し)

あまりにしんどすぎるので
ナマケモノの私が自ら「心から書きたい!」と思う内容でないと、多分やり遂げられないから。

だから、受け身の仕事で貢献できることも、大切だし光栄ですが

それだとどうしても
「役立てた感=自分の価値」のように
結果への満足度が、外発的な要素に左右されてしまう気がします。

そろそろ消化試合の年代にさしかかってきたからこそ
仕事に限らず、人から望まれてじゃないし、自分にとってはさほど得とはいえなさそうなことでも

「だって、私がやりたいことだから」という、内発的な動機に基づく行動で
できるだけ日常を埋め尽くしたい、と考えています。

旭川ですら33度もあり、旭山動物園の動物たちはかわいそうでした。

キリンはめったに水を飲まないそうなのに…

-心理学・カウンセリング

関連記事

カウンセリング・コーチング・コンサルティングの違い

カウンセリング コーチング コンサルティング これらは、人への支援という点で同じですが、少しずつ違いがあります。 目次1 カウンセリング・コンサルティング・コーチング2 違いは「どこに」フォーカスする …

研究協力者を募集します。対象は「子の立場で父の遺産相続を経験された方」です

大学院の研究テーマである「父の遺産相続における子の心理的葛藤に関する探索的検討」について 経験談を話して下さる研究協力者を募集しています。 過去10年以内に父親の相続を経験した方が対象です。 20名程 …

問題児なのは本人のせい?家族のせい?

目次1 問題児の取り分を減らしたい、は正義?2 問題児はあくまで仮3 個人ではなく家族ベースで理解する4 ジョイニング・多方面への肩入れ 問題児の取り分を減らしたい、は正義? 「特定の誰かの取り分を減 …

自分が嫌い・人と上手く付き合えない。そんな方には「分人主義」がおすすめ

自分のことが好きになれない。 人との距離感の取り方が分からない。 そんな方は、「分人主義」の考え方を取り入れると、少し楽になります。 目次1 人は「個人」ではなく「分人」の集まり2 キャラも本当の自分 …

日本人が一番利己的。遺産を子どもに残す動機の国際比較

親が子に遺産を残す動機は、日本人が一番利己的だという調査結果を読みました。 難しいとはいえ日本人にはもう少し、die with zero的視点が必要なのかもしれません。 目次1 遺産動機の国際比較2 …