お金はウェルビーイングを遠ざける

心理学・カウンセリング

デパ地下で店員さんに怒鳴る人

晩ごはん用の肉や魚は、仕事帰りにデパ地下でささっと買うことが多いです。

その日の夕方は、レジも混んでいました。
多分みんな「早く帰ってゴハンにしなきゃ」と。

そのとき、私のすぐ前で会計中だった70代くらいの男性が
若い女性の店員さんに「〇〇カードはお持ちですか?」と聞かれ

「うるさい!ぐずぐずしないでさっさと詰めろ!!」

と、突然大声で怒鳴り、周りがシンとなりました。

店員さんは「すみません!」と言って袋に詰め

男性が立ち去り、店員さんと
「大丈夫ですか?」「大丈夫です。申し訳ありません」と言葉を交わしましたが

私もしばらくは、ドキドキが収まりませんでした。

カネに物を言わせる人生は悲しい

この男性は、社会的地位の高い方なのかもしれません。

でも、「お金を持っている」=「自分は価値のある人間だ」というのは
壮大な思い違いです。

仕事の社会的価値と報酬の多寡は比例しないし
(エッセンシャルワーカーが典型例)

お金が、自らの稼ぎじゃなく
親の財産や配偶者の稼ぎならなおのこと。

というか、そもそもお金が人の価値じゃない。

それがその年齢になっても分からないのは、気の毒です。
頭で分かっていても、行動が伴わないなら同じこと。

カネに物を言わせる人生は、悲しいと思います。

お金を使ったコミュニケーションは幸せを遠ざける

でも、誰でも多かれ少なかれ
「お金があること=価値の高いこと」だと盲目的に思い込んでいないでしょうか。

私もかつては、家計の社保・税負担に辟易し(手残り少なすぎ)
「納税額に応じた分、選挙権もくれたらいいのに」くらいに思っていました。

正直今も、そう思うことがゼロじゃないです。

でも、先日ある本で
「お金を使ったコミュニケーションが、ウェルビーイングを遠ざける」
という研究結果を見て。

人は「孤独ではない状態」を幸せだと感じるので
人とのつながりがリアルか否かを問わず
社会的な自分、周囲との関係の中にいる自分に、幸せを見出すそうです。

つまり、自分がよい状態でいる=ウェルビーイングのためには、他人との関係性が大事。

でもお金がある人は、人も物も「カネで買えばいい」という発想が強くなり、人との関係を軽んじる。
だから「お金は人間関係の終わり」だといえる、と結論づけられていました。

Finance(金融)という言葉の語源になっている「fīnis」は
ラテン語で「終わり」を意味するそうです。

お金さえあれば、いくらでも孤独でいられる。

レジで怒鳴った男性は、実は常に孤独なのかもしれません。

まとめ

お金はウェルビーイングを遠ざける。

そう考えると贈与も、特に親の側ですが
子や孫への金銭的援助は子の歓心を買うことには必ずしもならず
(感謝されるのは一瞬)

逆に自らの孤独を招く可能性もありそうです。

家族関係ではなく、カネの話になってしまうので。

例の男性が
妻に「誰のおかげで食えてるんだ!」とか
子どもに「誰のおかげで○○ができたと思ってるんだ!」とか
言っていないことを祈りつつ…

カネに物を言わせる生き方は、孤独への片道切符ですから。

-心理学・カウンセリング

関連記事

「10分間瞑想」のススメ。毎日が穏やかで健やかに

目次1 10分間瞑想のススメ2 10分間瞑想のやり方3 10分間瞑想の効果3.1 自分に戻ってこられる3.2 体や心の不調に気づける3.3 よかったこと、悪かったことにとらわれにくくなる4 「瞑想なん …

俗化せず、純化を加速させれば、50代、60代はもっと楽しい

以前、とある70代マダムから 「真弓先生は、まだ40代でいいわね。 50代、60代は、史上最高に楽しいわよ」 と言われたことがあります。 そのときは、あまりピンときませんでしたが 今は、すごく納得して …

おすすめ本『セルフケアの道具箱』伊藤絵美さん著

体の不調に比べ、心の不調には気づきにくいもの。 伊藤絵美さんの『セルフケアの道具箱』には 誰でも簡単にできる心の健康法が、100個、紹介されています。 ストレスモデルについての専門的な考え方も、分かり …

問題児なのは本人のせい?家族のせい?

目次1 問題児の取り分を減らしたい、は正義?2 問題児はあくまで仮3 個人ではなく家族ベースで理解する4 ジョイニング・多方面への肩入れ 問題児の取り分を減らしたい、は正義? 「特定の誰かの取り分を減 …

very goodじゃなくgood enoughでいい

目次1 very goodじゃなくgood enoughでいい2 お知らせ3 ひとりごと very goodじゃなくgood enoughでいい 先週、大学院で 「アサーション・トレーニング(自分も相 …