税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

「よい」歳からの「降りていく生き方」

生きる・働く

先週水曜は、日本生命さんからのご依頼で、直江津へ。
越後湯沢から直江津までは、車窓に広がる田んぼを眺め、しばし目と心の休息を。

1

そして金曜には、東京生保FP塾での講演が終わり、

2

ほっと一息つきました。

講演は、回数を重ねても、やはり苦手な仕事のひとつです。
それでも、通常業務とは違った楽しさと充実感が味わえるので、懲りずにお受けしてしまいます。

おととい、41歳になりました。

誕生日当日はCFPの試験を受けていたので、お祝いらしいお祝いはしていませんが
今年は運転免許証の更新もあったので、新しい写真と「平成31年7月15日まで有効」の文字を見て
「次は、46歳か」とちょっとしみじみ。

以前、日経マネーの取材をお受けした際、「素敵な女性だな~」と憧れた
野村浩子さんの2冊目のご著書を、直江津への道すがら読みました。

今年、日経BP社を退社され、別の職場に移られたというおハガキを頂いていました。

人生を、4つの時期に分けて四季になぞらえば、40~60歳は
また、一日になぞらえば、40歳が正午でそれ以降は太陽が下る午後だとのこと。

41歳は、もう秋なのか・・・

本にも書かれていましたが
働き続けた女性に降りていく生き方を指南する本には、あまり出会えません。

それに、自分でリタイアメントの時期を決められる自営業ではなく
降りる時期を年齢で区切られる形、つまり「組織」で定年まで働く女性は、まだ超少数派です。

女性の方が男性より、仕事を続けるために捨ててきたもの、犠牲にしてきたものが大きいから
キャリアの下り坂を迎えたときに、より大きな矛盾を抱えてしまう、ともありました。

犠牲にしたともいえるけれど
その分もしかしたら男性より熟考し、「選択」した結果だともいえる。

捨てる勇気を持って決断した分、ひょっとしたら「後悔」は少ないのでは、と私は感じたのですが。

でも今は、自分が心身ともに健康で、好きな仕事があり
見守ってくれる家族がいて、周囲の人たちにも恵まれているからそう感じるのであって、
60歳を過ぎ「冬」の時代を迎えたら、また違う思いを抱くのかもしれません。

41歳は、より「よい」歳になるよう実りある秋を送りつつ
降りていく生き方も模索し始める時期なのでしょう。

ちなみに、降りていくに際し、趣味は3つあるといいそうです。
1.自分が一番好きなこと
2.音楽関係
3.体を動かすこと

なるほど~。ちょっとずつ始めなきゃ!

-生きる・働く

関連記事

クセは活かした方がラク。髪以外も

風香るハイボール、ならぬ、薫風5月。 ショートヘアを堪能すべく、久しぶりにリップグロスやピアスを新調し、顔まわりのオシャレを楽しんでいます。 ●福田真弓プロフィール ●相続カウンセリング・メールカウン …

ネットの海は広すぎる。だから書く・話す仕事は必要な人に必要な情報を届けるために必要

愛犬つくし(3歳半)がヘルニアを発症し、今日で4週間がすぎました。 原因が「第7腰椎のヘルニア」だと判明するまでが大変で 今の先生に出会えなければ、どうなっていたことか。 正しい情報や適切な相談先が必 …

日経インテレッセ6月号に掲載されています

「日経インテレッセ」は、30~60代の女性向け生活情報誌。 日本経済新聞を購読していると、毎月1回、月の中頃、朝刊に折り込まれています。 ※毎号、表紙は女優さん この中の「マダムレイコのマネーリポート …

1足のわらじすら履きかねてたけれど

十人十色の「ひとり税理士」という生き方 posted with ヨメレバ 井ノ上 陽一 大蔵財務協会 2018-05-30 知人である井ノ上陽一さんが編集した『十人十色の「ひとり税理士」という生き方』 …

「伝えた」事実より「伝わる」努力

自分は伝えたはずなのに、相手には伝わっていなかった、ということがあります。 友人や同僚、上司、お客様などと、あとで「言った」「言わない」のトラブルにならないよう、はじめから「伝わる」努力をしたいもので …