税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

ブログの魅力

生きる・働く

平成21(2009)年から5年間、途中1年ほど休みつつ、ブログを続けてきましたが
この度こちらに移転することになりました(^^ゞ

ブログの魅力

今後もブログを書くか否か、ボーっと考えていても仕方がないので、「ブログの魅力」を紙に書き出してみて分かったこと。
それは、「ブログの魅力=自分がブログに求めていること」だったということです。
それなら書かねば!というわけで、引き続きよろしくお願いします。

私の場合、ブログの魅力は大きく分けて次の3つでした。

【魅力1】 自分の考え・価値観を明らかにできる

異論反論を恐れると、ブログなんて怖くて怖くて書けません・・・。
でも、他人は自分と違っていて当然で、そもそも何を書いても賛否両論に決まっています。

既に、推定寿命の半分近くを生き、残すところあと半分。
できれば「仕事」と「プライベート」を厳密に区別しすぎず、自分に合った人と出会いお付き合いできた方が、お互い何かとハッピーです。

ブログに私の色を出せばその分、批判されるリスクは高まるけれど、
その分、合わない人とご一緒し、お互いがブルーになるリスクは低くなるような気がします。

【魅力2】自分を客観視し、成長を促せる

一番分かっているようで分かっていないこと、それが「自分自身について」です。
【魅力1】を実現するには、自分の行動や思考をできるだけ自分で俯瞰し、自分ができること(やりたいこと)・できないこと(やりたくないこと)を理解し、相手に明らかにしなければならないでしょう。

それを考えまとめる力が、ブログを書くには必要なので、自然とその力が養われます。

また、フリーで仕事をするリスクは、「意識的に努力しないと成長が止まってしまうこと」です。特に資格商売は、資格さえあれば能力や努力の有無が、外部からは分かりにくいため、その危険性が高いです。自分に欠けている点に気付く機会を増やせば、たとえその点を修正できなくても、補うなり、捨てるなり、ができます。

【魅力3】人の役にたてる(可能性がある)

ブログやHPの解析記録を見ると、自分のHPやブログが様々な言葉で検索されていることが分かります。私の場合、相続や贈与の専門用語が主なので、自分がブログやHPに書いたことが直接、人の役にたっていると実感できます。

また、お客様は私にご相談やお問い合わせをする前に、「雑誌の記事を読んだ+HPを見た」「テレビを観た+ブログを読んだ」「講演を聞いた+書籍を読んだ」など、複数の手段で私について調べていることが多いように思います。
HPなら「この人なら解決策を見つけてくれそうだ」とか、ブログなら「この人なら相談ごとを聞いてくれそうだ」とかなのか・・・判断基準は分かりませんが(^_^;)

でもその方が、私も「福田さんなら」というお客様の仕事ができ、お客様も相性や要求レベルが自分のニーズに合う税理士かが事前に判断でき、ムダな税理士探しをしなくて済みます。

他にもブログの魅力はあるのかもしれません。しばらくは暗中模索しつつ、ブログの魅力探しを続けます。

-生きる・働く

関連記事

適度に恐れ、過度に恐れない

目次1 女性の自己評価は常に2割引き2 「私は自信があります」3 言い切るだけで、相手に安心感を与えられるなら4 ひとりごと 女性の自己評価は常に2割引き 日経電子版で「思い上がれない女性たち」という …

「女性税理士」、独立開業後の歩き方

税理士の男女比は、約9対1(日本税理士会連合会/税理士実態調査報告書より)。 いまだに、女性が非常に少ない業界です。 独立開業している人はさらに少なく、「どうやって食べていってるの?」と聞かれることも …

学生時代の「就活ノート」を読んでみた。得意より苦手、好きより嫌いを探す方が楽

今日は、平成26年の路線価の公表日です。 国税庁HP 路線価図・評価倍率表 「路線価図」は、相続税や贈与税の計算上、土地の価額がいくらなのかを求めるときに使うもの。 道路ごとに、その道路に面する土地の …

「未来経営塾」

安本が、新たに経営者向けの塾を始めました。 株式会社ベター・プレイスさん(と安本と私)が事務局となり、今年度は合宿を含め年10回、来年3月まで開催します。 その第1回目が先週土曜にスタートしました。 …

子どもがいなくても、老後の不安はゆるいつながりで解消できる

「子どもがいないので、老後が心配」 お客様も友人も、独身やDINKSの方はそう言います。 でも、子どもがいなくても、老後の不安は「ゆるいつながり」を大切にすることで解消できます。 目次1 「家族」が呪 …