相続のエキスパート 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and well-being

無事に大学院を修了しました

筑波大学大学院・研究

無事に大学院を修了しました

先週末、無事に大学院を修了しました。

雨の中、ひとりひっそり学位記を受け取るため、大学に足を運んだら

教室には先生方だけでなく、なんと同期のみんなが大勢いたので

入り口から中を見たとたん、頭が真っ白!に。

内緒でサプライズのお祝いを、計画・実行してくれたとのこと。

私に見つからないよう、校内ではエレベーターを使わず
階段で昇り降りしていたという同期もいて。

まったく予想していなかったので、本当にビックリしました。

一生モノ。それは人とのつながり

たくさん写真を撮り、花束をもらい、その後乾杯しに行き

最後の最後までカウンセリング学位ならではのあったかく幸せな1日で

そのことをFacebookに投稿したら
ご自身も以前、社会人大学院で学ばれたというFPの大先輩が

「学位もですが、お仲間も一生モノですよ」

とコメントを下さいました。

進学前の私だったら、そうなの?と、あまりピンと来なかったと思いますが
今ならその意味がよく分かります。

この2年半はHPやブログ経由でも、たくさんの方からご協力や励ましを頂きました。

本当にありがとうございました。

プロセスは常に途中

先日読んだ、千葉雅也さんの『現代思想入門』

 

その中に

「すべてのプロセスは途中で、本当の始まりや終わりはない」

とありました。

究極の終わりは「死ぬとき」ですが、
それまではあくまですべてが「仮固定」「準安定」の状態だと。

フランスの哲学者、ドゥルーズに関する記述です。

生と死も、死の瞬間ではっきり分かれているように見えるけど
そうではなく常に混じりあっている、ともあり。

老いは、死の予兆ですよね。

だから白髪やしわ、老眼、体の痛みがある私は
常に生と死が混じっている状態で生きてるんだなあ、と。

心身ともに100%万全な状態には、もう二度と戻れませんし。

でも、プロセスが常に途中だということは
大学院の修了も、これでミッションクリアで終わり!ではなく
まだまだ道の途中ということになります。

今後はもっと、自分の中の死の割合が増えてゆく。

それでも自分の可能性を探しながら、やっていけたらなと
本の内容を思い出しながら、感じていました。

-筑波大学大学院・研究

関連記事

修士論文締切一週間前。指導教官の「おもしろい!」が心の支え

5/28が修士論文の提出期限。 なので、今月はひたすら書いてます。 昨夜、第二稿を指導教官に提出したので あとは、今後の課題と提言、要約を書き 引用文献リストを整理して 第二稿の指摘事項を直せば (赤 …

大学院で心理学・カウンセリングを学ぶことになりました

先日、8月に受けた試験の合格発表があり、晴れて来年4月から大学院に通うことになりました。 目次1 進学先について2 入学試験について2.1 1次試験2.2 2次試験2.3 私の出来3 受験勉強について …

『きみの行く道』は?

『きみの行く道』(ドクター・スース 作、伊藤比呂美 訳)は 「ただ待つだけ」の場所にいるのは、やめよう 大人にも、そう思わせてくれる絵本です。 目次1 やってみたら、なんとかなった2 道は続く3 そう …

次なるチャレンジ。M-GTA研究会

先週、最終版の論文と抄録を大学院に提出し、修了に必要な全手続きを終えました。 96ページの修論を2ページの抄録に収めるのは、別の意味で大変でしたが 同期がお祝いしてくれて、ようやく実感が少しだけ。 丸 …

DeepL未対応の言語を翻訳したいとき

目次1 英語ならGoogle翻訳よりDeepL2 欠点は対応言語の少なさ3 Google翻訳も進化していた!4 まとめ 英語ならGoogle翻訳よりDeepL 英語を日本語に訳すなら DeepLを使う …