税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

汗まみれのオシャレ着にはとりあえず水シャワー

生きる・働く

酷暑は小休止といった感じですが、それでも毎日湿気が多く、ムシムシします。

どうしていますか?汗まみれの服

仕事を終え、自宅に帰ると、全身汗だく。
シャワーを浴びて着替えたら、そのまま家事モードに突入です。

そして、汗まみれの脱ぎ捨てられた服に「ハタ」と気付くのは、大抵、夜も更けてから。

洗濯機で洗える服なら、そのまま洗濯かご行きでOKですが、
問題なのが、洗濯機では洗えない服です。

ボトムスは、ゲリラ豪雨にでも遭わない限り、毎日洗う必要はないものの、
ブラウスやカットソーなとのトップスは、そうはいきません。

平日、クリーニング店に行く時間は取れないし
お願いする点数が少ないのに、宅配クリーニングを頼むのも私は気が引けます。

私の対処法

そんなとき、裏地のない薄手の服なら、私はこうしています。

疲れ果て、一刻も早く寝たい時でも、これだけなら1分で済みます。

1. 浴室で服をハンガーにかけ、左手に持つ

多少、自分の体から離して持ちます。

2. シャワーの水を10秒くらい服にかける

服全体についた汗を流し落とすように、勢いよくジャーっとかけます。

3. そのまま一晩、浴室に放置する

服がビショビショになり、水がポタポタしたたっている状態でも

そのまま浴室に放置しておけば、今の季節なら翌朝には、サラッとパリッと乾いています。

念のためクンクンしても、まったく臭いません。

「水だけじゃ、汗のにおいが残りそうで気になる」という方は
洗面器に水を張り、オシャレ着用の洗剤を入れ、服を1,2分浸した後、上記手順を踏めば大丈夫かと。

注意点

この水シャワーの方法は、確かスタイリストの地曳いく子さんがご著書に書かれていた気がします。
ただ既に自己流なので、正しいかどうかは不明です。

「乾かないかもしれない」と、
緩めに絞る、タオルで押すなどして水分を取ろうとすると、シワが残ってしまいます。

ビショビショのまま吊るしておいた方が、水の重みでシワが伸び、アイロンいらずで着られます。

万が一乾かなくても、翌朝その服を着る必要がなければ、そのまま吊るしておくだけです。

生地そのものが伸びそうな素材(ニットなど)は避けた方が無難ですが、綿は問題なく大丈夫。

あとは、服のタグで洗濯表示を要確認、ですが
私は水洗いNGの素材(麻、シルク、化繊など)も、結構、自己責任で洗ってしまっています。

※写真も、ベージュのワンピは麻です。

ひとりごと

今週後半から、夏季休暇の予定です。

15年ぶりに水着を新調してしまいました。しかも、勢い余って3着も…

-生きる・働く

関連記事

「教養」は見える人には見える

知識や経験が豊富なら、必ずビジネス相手から信頼されるでしょうか。 「それだけではどうやら足りない・・・」仕事を続けていると、そんな壁にぶつかります。 意外にも、「茶道についてもっと知りたい」と読んだ『 …

日経インテレッセ6月号に掲載されています

「日経インテレッセ」は、30~60代の女性向け生活情報誌。 日本経済新聞を購読していると、毎月1回、月の中頃、朝刊に折り込まれています。 ※毎号、表紙は女優さん この中の「マダムレイコのマネーリポート …

目指すならブチャかわアヒル

昨日はアフラックさんでの講演のため大阪へ。 移動にグリーン車を準備して頂いたのは初めてだったので それだけで責任重大!と緊張していましたが(←小心者)、無事に終わりひと安心。 講演前に、控室にあったア …

「そんなの、誰も真弓ちゃんに求めてないっしょ」

リニューアル中だったHPが、ようやく完成しました。 ブログもそろり再スタート後、もうすぐ1か月になります。 目次1 HP・ブログをリニューアルした理由2 「そんなの、誰も真弓ちゃんに求めてないっしょ」 …

42歳の平均余命=45.38年

お知りあいのFPさん(40代)が、先月、お亡くなりになりました。 ご病気だったそうですが、今年の1月、相続後見マネー塾のメンバーで 毎月行っている勉強会に来て頂き、家族信託の話を伺ったばかりです。 仕 …