税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

「3親等内親族」って誰のこと?

相続・遺言・遺産分割

メディア情報

今朝は日経モーニングプラスに出演させて頂きました。

前回は「フィナンシェルジュ/法と税」のコーナーだけでしたが
今回は「マネークリップ」という新聞記事を紹介するコーナーも加わり、出演時間が増えました。

2度目の出演とはいえ、ほぼぶっつけ本番でどうなることかとヒヤヒヤしましたが
なんとか乗り切れたのは、テーマが「小規模宅地等の特例」だったからかも。

出演者他スタッフのみなさま、どうもありがとうございました。

「3親等内親族って、誰のこと?」

ところで「別居親族が相続前3年以内に「3親等親族」の名義の家屋に住んでいると、特例の適用を受けられません」と説明したところ、関係者の方から「3親等内親族ってどのくらいの範囲?」と尋ねられました。

確かに、普通は数えたりする機会がないかも…(^-^; というわけで

親族とは

まず「親族」とは、配偶者・6親等内の血族・3親等内の姻族のこと。
「血族」とは、血のつながり、「姻族」とは結婚によってできたつながりです。

ちなみに、養子は血のつながりがなくても、血族ですし、後妻から見た先妻の子は、姻族になります。

3親等内親族とは

そして「親等」とは、親族関係の距離(近い・遠い)のこと。
自分と自分の配偶者から見て、近い方から1、2、3…と順に数えます。

つまり、3親等内の親族は

1親等:父母、子
2親等:祖父母、兄弟姉妹、孫
3親等:曾祖父母、おじ・おば、おい・めい、ひまご

となります。

3親等内親族の範囲


※たとえば父が亡くなり、息子(上記図の本人)がおじさん名義の家に下宿していた場合は
特例の適用を受けられないことになります。

さらに理解を深めるなら…

ちなみに、自分の「血族」は、その配偶者も親族になり、同じ親等になります。
「自分の」おいめいは自分の3親等の親族で、おいめいの配偶者も自分の3親等の親族です。

でも、自分の「姻族」は、その配偶者は自分の親族にはなりません。
「自分の妻の」おいめいは自分の3親等の親族ですが、おいめいの配偶者は自分の3親等の親族にはなりません。

上の図を見れば分かるとはいえ、少しややこしいのですが…

この考え方は、非上場株式の評価でも使いますので(原則的評価方式・特例的評価方式の判定)、確実に理解しておいた方が安心です。

ひとりごと

そういえば、私がこれを勉強したのは、税理士試験の相続税法の講義だったかな?
相続税法の前に、民法の相続編を学びました。

大学の一般教養課程で、一番面白い!と感じたのも「民法」だったし
今、相続メインの業務をやっていることを考えると
やっぱり、何でも「私、これ好きかも?」と感じたら、素直に従っておくべきなのかもしれません。

-相続・遺言・遺産分割
-

関連記事

妻と子が不仲なら「配偶者居住権」の活用も選択肢のひとつです

民法相続編が改正され 亡くなった方の配偶者が死ぬまで無償で自宅に住める「配偶者居住権」ができました。 2020年4月1日以後の相続からスタートします。 目次1 配偶者居住権1.1 改正のポイント1.2 …

国税庁HPに「相続税の申告要否判定コーナー」が開設されました

昨日5/11より、国税庁のHP上に「相続税の申告要否判定コーナー」が設けられています。 ●オフィシャルサイト ●プロフィール ●サービス内容

民法(相続関係)改正のパブリックコメント募集がスタートしました

>昨年から、法制審議会の民法部会で議論が行われていましたが 今週、民法(相続関係)改正の中間試案が公表され、パブリックコメントの募集がスタートしました(9月末まで)。 主な論点は、配偶者の生活へ …

税理士は遺産分割協議書を作成できない?

「税理士は遺産分割協議書を作成できない」という、誤解があり 今月発売されるFP向けの雑誌に、これに関する短めの記事を書きました。 が、先週土曜、税理士の都築巌先生主催の研究会に参加したところ、 やはり …

マンション敷地への小規模宅地等の特例適用

今日は、コープ生協さんでの講演でした。 コープさんには今年2月にもお邪魔していて、今回はその続編を、というご依頼があり 「小規模宅地等の特例」「生前贈与(主に特別受益、つまり遺産分割への影響)」「相続 …