税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

税務弘報8月号にインタビュー記事が掲載されています

お知らせ

7/5発売の 税務弘報8月号の特集は
「税理士法は変わった では税理士は? どうやって信頼にこたえるか」

このPART2 「相続実務を始める際に何に気をつけるべきか」 に、インタビュー記事が掲載されています。

無題1

無題


テーマは相続業務の初歩の話で、全8ページ、掲載されているのですが
なぜか、取材時に雑談として話した部分の方が多く使われているような…(^_^;)

相続の仕事は、案件ごとに個別性が強く、 しかも私の話は
営業は一切しない、とか
合わないお客様には、先方からお断り頂くようにする、とか
女性税理士だからといって、相続業務に向いているとは限らない、とか
あまり一般的な内容ではないかもしれません。

でも、相続業務の経験があまり多くない先生に
こんなやり方の税理士もいるのか?と思って頂ければ、それでまあよいのかな。

もともとは、本誌で連載をお持ちの木村聡子さんからお声掛け頂いた企画です。
聡子さんはPART3で、タクトの大先輩である飯塚美幸先生との座談会の記事で、登場されています。

座談会の記事の方は、
事務所のポリシーや、訪問・電話・メール対応、所員教育や顧客とのコミュニケーションなど。
こちらは、どの先生にも即参考になるテーマだと思います。

税務弘報には、ウーマンタックスでご一緒している菅野真美先生や
日本税務会計学会 訴訟部門の長、藤曲武美先生の連載もありますので
会計人の方は、よろしければお手に取ってみてください。

-お知らせ
-

関連記事

新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」は12/20発売です

目次1 12/20発売 新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」2 「自分でできる相続税申告」をブログで紹介して下さいました3 ひとりごと 12/20発売 新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべ …

生前贈与の遺産への持戻し、10年限定になったのは遺留分侵害額の算定だけ。相続分は違います

週刊朝日2019年11月8日号 「きょうだい格差が招く相続トラブル」に取材協力・コメントしています。 兄弟格差は、相続争いの永遠のテーマですが 「過去どのくらい前までの生前贈与を、親からの遺産の先取り …

税務監修本『相続のきほん』が発売になりました

私が税務の監修をさせて頂いた、『相続のきほん』(オレンジページ)が発売になりました。 相続のきほん(エンディングノートつき) (オレンジページムック) posted with ヨメレバ オレンジページ …

12/7(月)生活設計塾クルーのクルーセミナーでお話します

12/7(月)、生活設計塾クルーのクルーセミナーにて 「サラリーマン家庭でも知っておきたい相続・贈与の基礎知識」というテーマで、お話をさせて頂きます。 3年連続でお声掛け頂いたこともあり、今年は少し違 …

KINZAIファイナンシャルプランの連載開始・『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が5刷

金融機関及びFP様向けの月刊誌 KINZAIファイナンシャルプランにて、 コラム「なるほど納得 相続豆知識」の連載が始まりました。 ●オフィシャルサイト ●プロフィール ●サービス内容