税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

学生時代の「就活ノート」を読んでみた。得意より苦手、好きより嫌いを探す方が楽

相続・遺言・遺産分割 生きる・働く

今日は、平成26年の路線価の公表日です。

国税庁HP 路線価図・評価倍率表
無題

「路線価図」は、相続税や贈与税の計算上、土地の価額がいくらなのかを求めるときに使うもの。
道路ごとに、その道路に面する土地の1㎡あたりの値段が付されています。
都心のお客様の土地を確認したところ、住宅地でも路線価は軒並み1~2万円アップしているようでした。

ということは、今年の後半はまた、「相続税増税をあおるブーム」になりそうです。
自分の自宅や実家の路線価は、できれば自分で確認しておいた方がよいですね。

KDDI 時代の秘書の先輩からランチに誘われ、本社まで行ってきました。

先輩は、遠くから見ても近くで見ても美しく、さらに頭のきれる方なので、
いろいろな方の近況を伺いながらうっとり見とれ、そして改めて 「私が会社を辞めずに勤め続けても
絶対こういうステキな秘書にはなれなかっただろうな~」と納得し、飯田橋を後にしました (^^ゞ

年に何回か、この本の読者である就活生や税理士受験生から、訪問や質問メールなどを受けます。
また、お客様や知人などから、お子さんやお孫さんの進路に関する悩みを聞くこともあります。

私特有の質問事項といえば
・ 税理士を目指すため、大企業のOLを辞めた理由
・ 税理士試験5科目を3年で取得する方法
・ 税理士としてのキャリア
などですが、個人ごとに違うであろう方法論や体験段を聞くよりも
「仕事(や夫?)を選ぶ上で、頭のスミに置いておいたら、もっと迷わないし楽に進めるのでは」と
感じたことがあったので、メモしてみました。

1.好きなこと、得意なこと、やりたいことの「逆」を探す

仕事を選ぶときには、まず自分の好きなこと・得意なこと・やりたいことを探すのが、一般的だと思います。

先日、自宅の引っ越し荷物を整理していたら、私が大学3年生のときに作った「就活ノート」が
ひょっこり出てきたので、感慨深く読みました。 ←だから荷物整理が進まない・・・(>_<)
企業研究や自己PRのページより、「自分の好きなこと・得意なこと・やりたいこと」の3点を自分で掘り下げ、さらに、周囲の人にインタビューした結果のメモの方が多かったです。

「20年たっても、思考回路は全然、成長してないし」と思う一方、今なら分かることもあり・・・。 それは
本当に合う道を選びたいなら、逆に 嫌いなこと・苦手なこと・できないことを探すべきでは、ということです。

これらを頑張って克服しようと努力しても、成果は上がらない。それだと、心や体がつらいですよね。
嫌いなことはできないし、苦手なこともできないし、できないことはやっぱりできません。
それに気づくと 「だからこそ、そうではない道を選んできたんだ」と、自分で納得できるし
ここでやるしかないんだと、腹がくくれます。

(私のように)ナマケモノ&わがままものの場合には、そういう「あきらめ」があった方が
道も絞りやすいし、選んだ道への真剣度も増して、上手くいく割合もアップするように思います。

2.自分の良さは自分ではなく人が見つけてくれるもの

就活でも婚活でも、「自分はここが優れている」「自分のセールスポイントはここだ」と
自分で自分の長所を探さなければならないことがあります。
でも、 (私のように)ネガティブ・シンキングで、自己否定しがちな人だとそれを無理矢理探すのは、困難です。

だけど、ちょっとだけ謙遜しすぎず、周囲の声や評価に耳を傾けると
「ここは人より、少しは優れている」という点が、必ず複数見つかります。
それを、書きとめつなげると、必ず人とは違う「自分の良さ=セールスポイント」になります。

3.特別に人より秀でているものがなくても、組み合わせれば大丈夫

「とびきり頭がいい」「とびきり美人だ」「とびきり家が裕福だ」
そんな「とびきり」がある人は、ごく一握りの人だけです。

就活のとき、「今年、女性の総合職は、縁故枠から東大卒の女性を1人採用するだけです」と言われたこともありました。
そういう人は特別です。

凡人は、自分の良さを組み合わせ、総合力で会社や男性に選んでもらうしかありません。
総合力といっても、何でもまんべんなくこなすジェネラリストを目指すわけではなく、
複数の 「嫌いではないこと・苦手ではないこと・まあできなくもないこと」を磨くだけです。

会計士・税理士の世界でも、とびきり頭のいい人や勉強好きな人たちと、今まで一緒に仕事をしてきました。
税務の実力だけで、その人たちと肩を並べられる訳がなく・・・
私の税理士としての存在意義は、たぶん、そこではないのです。

21歳の女子大生が41歳になると、少しは見方も変わります。

-相続・遺言・遺産分割, 生きる・働く

関連記事

強みより「違い」を育てよう

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が増刷され、24刷/累計27万部になりました。 類書も何冊か発売されたので、さすがに売れ行きが鈍ると思うのですが・・・30万部、いくのかな? ** …

目指すならブチャかわアヒル

昨日はアフラックさんでの講演のため大阪へ。 移動にグリーン車を準備して頂いたのは初めてだったので それだけで責任重大!と緊張していましたが(←小心者)、無事に終わりひと安心。 講演前に、控室にあったア …

サクセスフル・エイジング。幸せに年をとるには

「サクセスフル・エイジング」という言葉があります。 直訳すれば「幸せに年をとること」です。 心理学者のユングは、人生を1日にたとえ、40歳ごろを「人生の正午」と呼びました。 私は41歳のときにそれを知 …

ファッション過渡期。少しプロの手を借りました

先日、パーソナルショッピング(ショッピング同行)をお願いしてみました。 ※六本木ヒルズのADOREにて 目次1 ファッション過渡期をプロに任せる2 (事前)クローゼットの確認&打合せ3 (当日)ショッ …

「教養」は見える人には見える

知識や経験が豊富なら、必ずビジネス相手から信頼されるでしょうか。 「それだけではどうやら足りない・・・」仕事を続けていると、そんな壁にぶつかります。 意外にも、「茶道についてもっと知りたい」と読んだ『 …