税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

Financial Adviser2015年9月号に執筆しています

お知らせ

昨日発売されたFPさん向けの月刊誌、Financial Adviser2015年9月号
『ワイド特集 相続・贈与アドバイス「51」の落とし穴』で

41509

51項目のうち、以下の8項目を執筆しています。

落とし穴7  相続税の軽減効果だけを考えて安易に養子縁組を提案している
落とし穴8  遺言書には全財産の分け方を書かねばならないと提案している
落とし穴9  会社に土地等を遺贈する旨の遺言を記すこともできるとアドバイスしている
落とし穴18 相続税の計算上、相続財産に加算される生前贈与・加算されない生前贈与を混同している
落とし穴19 孫への生前贈与は相続財産に加算されないため、積極的に活用すべきだと提案している
落とし穴22 小規模宅地等の特例(居住用)を受けられるのは、住民票のある物件であると説明している
落とし穴29 代償交付金として保険金を支払う場合、贈与税はかからないとアドバイスした
落とし穴40 お客様に相談されて遺産分割協議書の作成を手伝った

企画段階からご相談頂けたので、いろいろな落とし穴をご提案しちゃいました(*^_^*)
特に「落とし穴9  会社に土地等を遺贈する旨の遺言を記すこともできるとアドバイスしている」は
ご存知ないFPさんがいらっしゃるかも。

このFinancial Adviserでは、相続・後見マネー塾のCFP八ツ井慶子さんは他の連載を、
弁護士松本徹子さんはこのワイド特集を執筆されています♪

そして

こちらは、本日21刷・累計21万5000部となりました。
編集者さんからは、一時、アマゾンの総合ランキングで3位だったとメールが届きました。
新聞広告の効果って、すごいですね…

引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

-お知らせ
-

関連記事

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が15刷11万部になりました

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が なんと15刷、11万部になりました。 出版社さんが、全国各地の新聞に、広告を掲載し続けて下さっていることもあり アマゾンの総合ランキングでも、 …

共著本『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が発売されます

司法書士の児島明日美さん、社会保険労務士の酒井明日子さん、そして私の3人で執筆した 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が、今週末発売されます。 ●税理士 福田真弓のプロフィール ● …

草木萌動(そうもくめばえいずる)

今日から3月ですね。今年は花粉が多く、辛い毎日です… 確定申告は2月中にほぼ終わり、あと1件になりました。 今年は、茶道も合唱も「確定申告休み」を取らずに続けられています。 今まで繁忙期の1~3月は、 …

KINZAIファイナンシャルプランの連載開始・『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が5刷

金融機関及びFP様向けの月刊誌 KINZAIファイナンシャルプランにて、 コラム「なるほど納得 相続豆知識」の連載が始まりました。 ●税理士 福田真弓のプロフィール ●11/22・12/13 遺言セミ …

『自分でできる相続税申告』増刷のお知らせ

目次1 書籍増刷のお知らせ2 読者向け「相続税申告書のチェック・アドバイス」サービス3 ひとりごと 書籍増刷のお知らせ 単著『自分でできる相続税申告』が4刷になりました。累計で1万1,000部です。 …