税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

被相続人が10年以内に相続税を納めていないか、必ずチェック!

相続・贈与・相続税・贈与税

相続税には、「相次相続控除」という規定があります。

相次相続控除とは

例えば
・ 父が亡くなり、父の財産を母が相続(1回目)
・ (その後10年以内に)母も亡くなり、母の財産を子どもが相続(2回目)
この場合、立て続けに、同じ財産に対し2度、相続税がかかります。

それはかわいそうだということで、10年以内に2回以上相続が起きたときには、
1回目の相続で払った相続税の一部を、2回目の相続で払う相続税から差し引けるという制度です。

税理士は、戸籍を見たり、お客様からヒアリングしたりして、 「あ、相次相続控除使えるかも?」と判断しますが、
実は意外な盲点が。
それは、夫婦間(父→母)ではなく、兄弟間でも10年以内に相続があったなら適用が受けられるという点です。

兄弟間の相続となると、税理士もつい確認を忘れがちかも…。

兄弟間の相次相続控除

例えば、今回亡くなった「父」が、6年前に「姉」の財産を相続していた、というケース。

姉は夫に先立たれ、子もおらず、親も既に死亡。よって、第三順位の相続人である父(弟)が、姉の相続人。
姉は、夫からかなりの額の財産を相続していた。
よって、姉の財産を相続した父も、姉の相続時にそれなりの相続税を払っていた。
こういったケースにも、時折、遭遇します。

とはいえ、父の戸籍だけ見ても、この事実は分かりません。
お客さまも「まさか、おば(父の姉)の相続が、父の相続税に関係するなんて」と思っています。
担当した税理士の「知識+聞き出す力」が問われるケースといえるでしょう。

申告書閲覧サービスも活用しよう

相次相続控除の計算には、「姉(1回目の相続)」の相続税の申告書が必要になり、控えを保存していなければ、税務署に申告書の閲覧を申請します。
国税庁HP 申告書等閲覧サービスの実施について(事務運営指針)

過去に自分が提出した申告書なら、税務署に申請すれば見せてもらえます(見る・書き写すだけ・コピーはダメ)。
本人が亡くなっているなら相続人が、また相続人全員から委任状をもらえば、税理士が閲覧可能です。

私も、何度もこの制度のお世話になっています…(^^ゞ

ちなみにこの相次相続控除、私の受験時の大原簿記学校の理サブでは、個別問題40問中24問目にありました。

当時は、応用理論も含め65問を暗記しましたが、相続時精算課税のように、その後新設された規定もあり…。
今はいったい何問あることやら。
明日は税理士試験、相続税法の試験日です。全ての受験生が、自分の持てる力をそのまま発揮できますように。

**********

夏季休暇を利用して、イタリアへ行ってきました。

ローマ、フィレンツェ、ベネチアの他、小さな村や島にも立ち寄り、すっかり日焼けしてしまいました…。

そして、その間にも『身近な~』本が、キリよく20刷・20万部になっています。
出版社さんの新聞広告効果により、昨日はAmazon総合3位で、今日は8位…

引き続き、どうぞよろしくお願い致します♪

-相続・贈与・相続税・贈与税

関連記事

金地金の譲渡について日経ヴェリタスにコメントしています

日経ヴェリタスの7月24日号、「金投資輝き取り戻す 「100グラム」小口化に光」で、コメントしています。 私は金投資はしていませんが、一昨年から、業界団体の研修を担当させて頂いたり 相続税の節税目的で …

国税庁HPに「小規模宅地等の特例と配偶者の税額軽減を適用した相続税申告書の記載例」が掲載されました

国税庁のHPに小規模宅地等の特例と配偶者の税額軽減を適用した平成27年分相続税申告書の記載例が掲載されました。 父が死亡、母と子2人の計3人が父の遺産を相続し、小規模宅地等の特例と配偶者の税額軽減の適 …

訴訟部門の月次研究会と消滅時効の研修へ

月曜は、日本税務会計学会の月次研究会へ。 テーマは中央出版事件です。

併用OKです。「広大地」と「小規模宅地等の特例」

HPを少しだけリニューアル。5年ぶりに写真を撮り直し、実績やサービス内容などを若干書換えました。 SEO対策を行う会社からは、頻繁に営業電話がかかってきますが HPで集客をするつもりはないため、以前と …

個人的には?だけど、使いたいなら結婚・子育て資金贈与特例のQ&Aは事前にチェック

今月、内閣府のHPに公表された、結婚・子育て資金一括贈与非課税特例のQ&Aを読んでいたところ 相続後の取扱いがスムーズに理解できない点がありました。