税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

専門家を選ぶポイントは年齢?大学?

生き方・働き方

『身近な~』本の読者のみなさまから、自由国民社さんに返送された、アンケートハガキを読ませて頂きました。
中には、103歳の方からのおハガキも。 貴重なご意見をたくさん、本当にありがとうございます。

税金部分については 「相続税の速算表が役に立った」とか、
「税務調査やペナルティについては、他の本に書かれていないのでよかった」 というご意見もあれば
「自宅といえばマンションなのに、マンションの評価方法が載っていないのは変だ」 というご意見もあり。

都心部と地方とでは状況が全く違うので、なかなか難しいところですが、
ご意見は、改訂版や今後の出版に、できるだけ反映させたいと思います。

が、一番驚いたのが
「著者の略歴に、年齢くらいは記載してほしい」 という、おハガキがあったこと\(◎o◎)/!
しかも、そこだけ赤いボールペンの文字で…

ト、トシですか… 決して隠していた訳ではありませんが…

若い専門家と年配の専門家、どちらが適任かは、ケースバイケースだと思います。

でも、少なくともその方にとっては、(若い・年配、どちらがいいかはともかく)
ハガキに赤字で書くほど、著者の「年齢」が大事だったということ。

通常、執筆や講演の際には、著者や講師の略歴を掲載しますが、字数に制限があるため
比較的お客様にとって重要度が低そうである、生年月日や大学名については省略することが多いです。
著者自身の希望により、伏せることもあります。

ただ、やはり年齢の高い方ほど、専門家の年齢や学歴をより重視していらっしゃるようです。過去に弁護士さんをご紹介する際「○○大学、△△大学、××大学の人でないとイヤです」と言われたこともありました。

でもね、法律は毎年変わるし、実務の現場でお客様の希望を叶えるには、若さと体力も必須!

なので、過去の学歴や経験も重視しつつ、かつ、今も必要な勉強をしっかり続けている専門家なのか、
自分が依頼している分野の実績はどうか、フットワークは軽いのか、質問しやすそうか、信頼できそうかなど、
大切なのは経験・知識・相性の3つのバランスだと思います。

とはいえ私も、「昼間」は実年齢より上に見られた方が、仕事がやりやすく
逆に「夜」は、できるだけ若く見られた方が、機嫌よくいられてハッピー♪なのですが。

フクザツなオンナゴコロ…

-生き方・働き方

関連記事

「教養」は見える人には見える

知識や経験が豊富なら、必ずビジネス相手から信頼されるでしょうか。 「それだけではどうやら足りない・・・」仕事を続けていると、そんな壁にぶつかります。 意外にも、「茶道についてもっと知りたい」と読んだ『 …

確定申告が終わったらまずひとやすみ。上手に自分を甘やかそう

今日3月15日は、所得税・贈与税の申告期限および納期限です。※ 個人の消費税は3月31日です。 「私、本当に全件提出し終えてるよね?」と、昨夜、急に不安になり 念のため、今朝すべてのファイルを再確認し …

ぜひやりたいと思うのは「ハートに火をつけてくれる」人からの仕事

仕事は平準化したいけれど、やむなく依頼が重なってしまう・・・こんなこと、誰でもあると思います。 今回、雑誌への執筆依頼が3本重なったため、うち2本はやむを得ずお断りし、他の先生にお願いしました。 ひと …

間もなく第3期未来経営塾がスタート

未来経営塾は、第2期が無事終了し、今週が卒業式です。 そして、5月からは新たな塾生12名をむかえ、第3期がスタートします。 3期生は業種もバラエティに富んでいて、女性経営者も複数いらっしゃり、 事務局 …

暑さに備えた体力づくり

けっこう早寝早起きだし、暴飲暴食もほとんどせず。 20~30代の頃よりずっと健康的な生活を送っているのに、なぜか疲れやすくなったな~と感じていた今日この頃。 パソコンに向かっても、本を読んでも、肩が凝 …