税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

専門家を選ぶポイントは年齢?大学?

生き方・働き方

『身近な~』本の読者のみなさまから、自由国民社さんに返送された、アンケートハガキを読ませて頂きました。
中には、103歳の方からのおハガキも。 貴重なご意見をたくさん、本当にありがとうございます。

税金部分については 「相続税の速算表が役に立った」とか、
「税務調査やペナルティについては、他の本に書かれていないのでよかった」 というご意見もあれば
「自宅といえばマンションなのに、マンションの評価方法が載っていないのは変だ」 というご意見もあり。

都心部と地方とでは状況が全く違うので、なかなか難しいところですが、
ご意見は、改訂版や今後の出版に、できるだけ反映させたいと思います。

が、一番驚いたのが
「著者の略歴に、年齢くらいは記載してほしい」 という、おハガキがあったこと\(◎o◎)/!
しかも、そこだけ赤いボールペンの文字で…

ト、トシですか… 決して隠していた訳ではありませんが…

若い専門家と年配の専門家、どちらが適任かは、ケースバイケースだと思います。

でも、少なくともその方にとっては、(若い・年配、どちらがいいかはともかく)
ハガキに赤字で書くほど、著者の「年齢」が大事だったということ。

通常、執筆や講演の際には、著者や講師の略歴を掲載しますが、字数に制限があるため
比較的お客様にとって重要度が低そうである、生年月日や大学名については省略することが多いです。
著者自身の希望により、伏せることもあります。

ただ、やはり年齢の高い方ほど、専門家の年齢や学歴をより重視していらっしゃるようです。過去に弁護士さんをご紹介する際「○○大学、△△大学、××大学の人でないとイヤです」と言われたこともありました。

でもね、法律は毎年変わるし、実務の現場でお客様の希望を叶えるには、若さと体力も必須!

なので、過去の学歴や経験も重視しつつ、かつ、今も必要な勉強をしっかり続けている専門家なのか、
自分が依頼している分野の実績はどうか、フットワークは軽いのか、質問しやすそうか、信頼できそうかなど、
大切なのは経験・知識・相性の3つのバランスだと思います。

とはいえ私も、「昼間」は実年齢より上に見られた方が、仕事がやりやすく
逆に「夜」は、できるだけ若く見られた方が、機嫌よくいられてハッピー♪なのですが。

フクザツなオンナゴコロ…

-生き方・働き方

関連記事

「女性差別」は過去のもの?

東京医科大学のホームページには、一番最初に 「深い教養と豊かな人間性を備えた“最高水準”の医師を育成します」と書かれていました。 でも、この大学が育成する“最高水準”の医師は、主に女性と4浪以上の男性 …

「そんなの、誰も真弓ちゃんに求めてないっしょ」

リニューアル中だったHPが、ようやく完成しました。 ブログもそろり再スタート後、もうすぐ1か月になります。 目次1 HP・ブログをリニューアルした理由2 「そんなの、誰も真弓ちゃんに求めてないっしょ」 …

ファッション過渡期。少しプロの手を借りました

先日、パーソナルショッピング(ショッピング同行)をお願いしてみました。 ※六本木ヒルズのADOREにて 目次1 ファッション過渡期をプロに任せる2 (事前)クローゼットの確認&打合せ3 (当日)ショッ …

「逆算手帳」を使い始めました

先日、コボリジュンコさんの「逆算手帳セミナー」に参加しました。 コボリさんは、今は手帳カウンセラーのお仕事でご多忙ですが、7年前から私のHPを作って下さっている方です (コボリさんのもともとの本業はこ …

勤務税理士にも・・・賠償責任?

週刊T&Aマスターの最新号には、相続税の申告業務をめぐる最近の訴訟トラブルが紹介されていました。