税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

専門家を選ぶポイントは年齢や大学?

その他

『身近な~』本の読者のみなさまから
出版社に返送された、アンケートハガキを読ませて頂きました。

中には、103歳の方からのおハガキも。
貴重なご意見をたくさん、ありがとうございます。

税金部分については 「相続税の速算表が役に立った」とか、
「税務調査やペナルティについては、他の本に書かれていないのでよかった」 というご意見もあれば

「自宅といえばマンションなのに、マンションの評価方法が載っていないのは変だ」
というご意見もあり。

都心部と地方とでは状況がまったく違うので、難しいところですが、
ご意見は、改訂版や今後の出版にできるだけ反映させたいと、編集者さんと著者で話しています。

また、一番驚いたのが
「著者の略歴に年齢 くらいは記載してほしい」という、おハガキがあったこと\(◎o◎)/!

しかも、そこだけ赤いボールペンの文字で…決してトシを隠していた訳ではないのですが

若い専門家と年配の専門家、どちらが適任かは、ケースバイケースだと思います。

でも、少なくともその方にとっては、(若い・年配、どちらがいいかはともかく)
ハガキに赤字で書くほど、著者の「年齢」が大事だったということになります。

通常、執筆や講演の仕事では、著者や講師の略歴を掲載しますが
字数に制限もあるため、お客様にとって重要度が低そうな
生年月日や大学名については省略することが多いです。

著者自身の希望により、伏せることがあるかもしれません。

税理士資格の取得に際し、5科目合格ではなく、大学院に進み数科目の免除を受けた方は
大学名は明らかにしていても、大学院進学の事実や大学院名は伏せる方が多いです。

また、過去に弁護士さんをご紹介する際
「○○大学、△△大学、××大学の人でないとイヤです」と言われたこともありました。

そんなの、離婚や相続事案の腕には、一切関係ないと断言できます。

だって、法律は毎年変わるし、実務の現場でお客様の希望を叶えるには、若さと体力も必須です。

過去の学歴や経験も重視しつつ、かつ、今も必要な勉強をしっかり続けている専門家なのか、
自分が依頼している分野の実績はどうか、
フットワークは軽いのか、質問しやすそうか、信頼できそうかなど

大切なのは経験・知識・相性の3つのバランスだと思います。

とはいえ私も、仕事上は実年齢より上に見られた方が、何かとやりやすく
それ以外のシーンでは、若く見られたら、それはそれで機嫌よくいられてハッピーですが。

オンナゴコロは複雑です。

-その他

関連記事

障害者控除の控除不足額、扶養していない扶養義務者からも差し引けます

相続税には、障がいのある人の税負担を軽くする「障害者控除」という規定があります。 控除できる人の範囲は意外に広いので、控除もれに注意が必要です。 目次1 障害者控除とは2 成年被後見人も対象になる3 …

「高すぎる」「関係なさそう」な経費はダメ?

先週は丸2日間、顧問先法人の税務調査に立ち会いました。 実地調査は一応終わり、今後は税務署の指摘事項につき、やりとりすることになりそうです。 土曜に受講した、都築法務税務会計研究グループの研修テーマは …

家なき子特例、事実婚の夫名義の家に住んでいる場合は?

今年の税制改正で、大幅に厳格化された「小規模宅地等の特例」の通称・家なき子ですが、 亡くなった方の娘が「事実婚」の夫名義の家に住んでいた場合は、家なき子に該当し、他の要件を満たせば特例の適用を受けられ …

「税理士の仕事図鑑」に執筆しています

目次1 LIVErary.tokyoに取材協力しています2 『税理士の仕事図鑑』に執筆しています3 「一度は大企業に勤めてみる」のもアリ4 ひとりごと LIVErary.tokyoに取材協力しています …

子どもがいなくても、老後の不安はゆるいつながりで解消できる

「子どもがいないので、老後が心配」 お客様も友人も、独身やDINKSの方はそう言います。 でも、子どもがいなくても、老後の不安は「ゆるいつながり」を大切にすることで解消できます。 目次1 「家族」が呪 …