税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

物は言いよう。だから言葉に強さを持たせない工夫も必要

生きる・働く


※人間の言葉が通じにくいヒト

弁護士さんが作成した書面を見た感想

他の士業の先生と連携し、仕事を進める機会はよくあります。
専門分野が違うので、もちろん勉強になりますが、別の面から学ぶことも多いです。

今回、弁護士さんが相手方に通知する書面を事前に読む機会があり
その言い回しを見て、「あれ?」っと意外に感じました。

依頼者は「劇怒り」の状態です。

なので、弁護士さんはそれを相手に伝える必要がありますが
書面には「通知人は、大変心を痛めております」と書かれていました。

劇怒りの原因は、法律上、相手方にあると思っているからこそ
依頼者は立腹し、弁護士に依頼しています。

と同時に、「心を痛めている」ことも、確かに事実です。
怒りの根底には、心の痛みや悲しみがあることは間違いないと思います。

逆に相手の立場でも、こちらに正論を振りかざされれば、されるほど
今後、譲ったり、折れたりしにくくなるかもしれません。

弁護士さん的には、精神的苦痛に対する慰謝料の請求など
今後を見据えた戦略ゆえの文言だという可能性もありますが。

「怒り→心の痛み」のように
言い方を工夫するだけでこうも印象が変わるのかと、驚きました。

言葉に強さをもたせない

私がインタビュー調査に使う質問事項のリストを、教授やゼミOBの先生方に見て頂いたときは
質問文の文言について、「言葉に強さを持たせないこと」という指摘を受けました。

「不安や心配は何でしたか」
「困難なことは何でしたか」
ではなく

「しいて言えば困ったと感じたこと」
「ちょっと重荷だなと思ったこと」
「気持ちが揺らいだことがもしあれば、教えていただけますか」
のように。

それまで自分の物言いは、どちらかというと端的ではなく、婉曲的で
長くなりがちな点に気をつけていたくらいでしたが、逆の指摘を受けました。

士業は問題解決が仕事なので、話は論理的に・分かりやすく・短く、が基本です。
ただ、その話し方のクセを普通の方が聞くと、ストレートすぎると感じるようです。

文章からも強さは伝わる

本やブログ、メルマガなどで、士業をはじめとしたいろんな方の文章を読みますが
「ちょっと言葉が強いなあ」と感じることがあります。

主義主張を言い切る方が、メッセージが明確になるから伝わりやすいし
支持されやすいです(逆のケースもありますが)。

ただ、私は方向性や思いには共感できる方の文章でも
「●●すべき」「●●ではないでしょうか」という強い文章が続くと、戸惑います。

そういう自分も、文章に不必要な強さが出ていないか、自戒しながら書いていますが
理想は、貫くところは貫きつつも、優しくあたたかい文章、かなと。

まとめ

物の言い方・書き方で、受け手の印象はまったく変わるので
言葉に不必要な強さはもたせないようにしたいな、と感じたことについて書きました。

今日は個別カウンセリング(対面)が1件。
私の言葉に、強さを感じていらっしゃらないといいのですが。

-生きる・働く

関連記事

必要かもしれないことはしなくてよいこと。パスする勇気をもとう

税理士は年36時間の研修受講が義務ですが 限られた時間の中で、何を学び、何をパスするかの選択が難しいところです。 日々の仕事もあるし、民間の研修や本で勉強する時間も確保したいし。 ただ、私は研修に限ら …

目指すならブチャかわアヒル

昨日はアフラックさんでの講演のため大阪へ。 移動にグリーン車を準備して頂いたのは初めてだったので それだけで責任重大!と緊張していましたが(←小心者)、無事に終わりひと安心。 講演前に、控室にあったア …

週刊東洋経済の最新号に原稿を執筆しています

週刊東洋経済の最新号に 「生前贈与ブームに待った!相続対策の落とし穴」  という原稿を執筆しています。 今週中ならどの書店さんにもあると思いますので、お手に取って頂けたらうれしいです。 ●福田真弓プロ …

「自分でできる相続税申告」を執筆した理由

今週、5年ぶりの単著となる「自分でできる相続税申告」が発売されました。 自分でできる相続税申告 posted with ヨメレバ 福田 真弓 自由国民社 2017-12-04 企画から完成まで2年弱。 …

子どもがいなくても、老後の不安はゆるいつながりで解消できる

「子どもがいないので、老後が心配」 お客様も友人も、独身やDINKSの方はそう言います。 でも、子どもがいなくても、老後の不安は「ゆるいつながり」を大切にすることで解消できます。 目次1 「家族」が呪 …