税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

ぜひやりたいと思うのは「ハートに火をつけてくれる」人からの仕事

生きる・働く

仕事は平準化したいけれど、やむなく依頼が重なってしまう・・・こんなこと、誰でもあると思います。

今回、雑誌への執筆依頼が3本重なったため、うち2本はやむを得ずお断りし、他の先生にお願いしました。
ひとり税理士の宿命として、目指す仕事の質を担保するには
受ける仕事の量に、制限を設ける必要があります。

私は以下の基準で、仕事を受けるか否かを判断しています。

1. 相手が好きか嫌いか

嫌いな人の仕事はしたくない。できれば、好きな人の仕事をしたい。これが基本形。
でも、これだけで判断すると、つい、好きな人の仕事ばかりをリーズナブルに受け
フットワーク軽く動きすぎるので、あまり収益には結びつきません・・・ (>_<)

好きな人に、どう適正な報酬を請求するか、これが悩みです。

また、勘定で仕事を選ぶのか、感情で仕事を選ぶのかは、人によりタイプに差がありますが
良かれ悪かれ、私はより感情で仕事をするタイプです。
特に、相手から自分の心に火をつけられると、本当に弱く(今回の雑誌の編集者さんがそうでした)
単にほめられるより、自分が意識している点を評価されると、がぜん頑張る意欲がアップします。←単細胞

2. 自分がやるべきか・自分がやった方がいいか

誰がやっても同じ結果になりそうな、作業や講演、執筆などは、報酬が高くてもお断りしています。
また、仕事の内容やお客様のタイプにより、適任者が明らかに自分ではないということもあります。
目先の売上のため仕事を受けても、結局はお客様にご迷惑がかかるので、 それもお断りしています。

3. 成長できるか

仕事をする一番の目的は、生活の糧を得るためです。
でも、今までの経験上、私個人は、目先のお金や安定を追うより、自分の成長を追った方が
結果的に、幸せで楽しい毎日に結びつくタイプの人間のようです。
何らかの形で、ひととして成長できるか否かも、仕事を選ぶ上で大きなポイントになっています。

**********

自分の事務所のHPを作成して5年がすぎ、現在、リニューアルの作業中。
来週中には、アップできる予定です。

業務内容は適宜修正してきましたが、問題は私の写真が実物と乖離していることらしく
講演などに行き、本人だと気づいてもらえず、さすがにちょっとヘコんだので、新たに撮り直しました。

140703_ALIA6234

↑ 無修正なので、これも本人と違うじゃん!という苦情はナシで(^^ゞ

次回の撮り直しは、いつになるのかな?45歳?50歳?

-生きる・働く

関連記事

犬のいる生活を送る幸せ

子犬を家族として迎え、3か月弱が過ぎました。 わが家のつくしは、もうすぐ生後7か月になります。 仕事と家事(と趣味)の生活に、つくしの世話が加わりてんてこ舞いでしたが、今はホントに楽しく毎日幸せです。 …

あなたの家族は誰ですか?と聞かれたら

「あなたの家族は誰ですか?」と聞かれたら。 数日前の新聞に入っていた「犬探してます」という折込チラシを見て、考えました。 目次1 ペットは家族?2 どこまでが家族?3 戸籍や血縁、家族の絆に逃げない4 …

自分が嫌い・人と上手く付き合えない。そんな方には「分人主義」がおすすめ

自分のことが好きになれない。 人との距離感の取り方が分からない。 そんな方は、「分人主義」の考え方を取り入れると、少し楽になります。 目次1 人は「個人」ではなく「分人」の集まり2 キャラも本当の自分 …

学生時代の「就活ノート」を読んでみた。得意より苦手、好きより嫌いを探す方が楽

今日は、平成26年の路線価の公表日です。 国税庁HP 路線価図・評価倍率表 「路線価図」は、相続税や贈与税の計算上、土地の価額がいくらなのかを求めるときに使うもの。 道路ごとに、その道路に面する土地の …

やっぱり自分が「お客さま」にならないと分からない

税務雑誌の相続特集の取材を受けました。私の担当は、「まず何から勉強したらいい?」「どうやったら相続業務の依頼がくる?」「仕事やお客様は選ぶべき?」といった、相続税のイロハのイの部分です。 その際、「通 …