税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

「女性税理士」、独立開業後の歩き方

生き方・働き方

税理士の男女比は、約9対1。
(日本税理士会連合会/税理士実態調査報告書より)

いまだに、女性が非常に少ない業界です。

独立開業している人はさらに少なく、「いったいどうやって食べていってるの?」と聞かれることも、しばしばあり。

そこで、私以外の友人たちのことも思い浮かべつつ、女性税理士の独立開業後の歩き方をまとめてみました。

 

女性の開業税理士はどうやって食べていってるの?

みんないろいろな方法で、自分の魅力を活かし、活躍しています。

共通点は、女性税理士が少ない=一応は目立つ、ということかな?

1. バリバリ営業マン型

金融機関や不動産会社、他士業などとの人脈の輪を広げる、いわゆる「営業マン」タイプ。
顧客向けセミナーの講師をする、営業マンの税務相談窓口となる、客先に一緒に同行する、など。
担当者と信頼関係を築ければ、顧問先や税務申告の紹介を受けられるようになります。

2. 地域密着型

自宅や実家の近くに事務所を構え、地域の様々な活動に参加し、委員や役員を引き受けたり。
地域での認知度が上がると、顧問先や税務申告の紹介や依頼が増えます。

3. 二代目型

親が開業税理士で、事務所を継ぐパターン。
高齢を理由に引退する他の開業税理士から、事務所と補助スタッフを引き継ぐケースもあり。

4. 越境コンサル型

決算や申告といった従来の税理士業務にとらわれず、幅広くコンサルタントとして活動します。
場合によっては、普通の顧問税理士より、高い報酬を得られることも。
公認会計士兼税理士や、ネット集客型の税理士に多いです。

5. FP・執筆・講演型

税務に限らず法律やマネーなどの周辺領域も含めた、執筆や講演を行います。
社労士やFPなど、他の資格も保有しているケースあり。
原稿料や講演料で稼ぐというより、知名度が上がることにより、申告や相談の依頼が幅広く舞い込みます。

でも女性は「所属税理士」が多い

税理士は、以下のいずれかとして、登録しなければなりません。

開業税理士

自分の名前で事務所を構えている税理士。
イメージは、フリーランス(今の私です)。

所属税理士

税理士法人や個人事務所に勤めている税理士。
イメージは、サラリーマン(以前の私です)。

社員税理士

税理士法人の代表社員。
イメージは、会社の役員。

それぞれ女性の占める割合は

・ 「開業税理士」は100人中10人
・ 「所属税理士」は100人中30人
・ 「社員税理士」は100人中14人

まだまだ組織に属している女性税理士の方が多いです。

以前の私もそうでしたが、組織に属していた方が

・ 税理士の本来業務に集中できる
・ より幅広い案件に関われる

と考えている人が多いのかも。

自分のいろんな良さを自由に伸ばせるのがフリーランス

一方、所属税理士や社員税理士だと、できない仕事もたくさんあります。

たとえば
・ 税理士業務以外のこと
・ 赤字になる業務
などが典型例です。

でも開業税理士は、税理士資格「も」持っている、単なるフリーランス。
自分の気持ちに忠実に、人から求められること・採算度外視でもやってみたいことに、どんどんチャレンジできます。

それに、人手不足のこれからは、組織に属さなくても、プロジェクトごとに多様な仕事に参画できます。

職人である以上、専門分野から離れすぎてはダメだけど
職人が個人拡張した状態が、ある意味、理想形。

税理士は、会計や税法以外に、会社法や民法、不動産や金融の知識などを持っています。
だからこそ、経営者や富裕層から、普通の家庭の主婦の方まで、幅広い層の方々をいろんな側面からサポートできます。

そして、専門知識以外にも、人それぞれ、いろんな良さをたくさん持っている。
それを自由に思いっきり伸ばせるのが、フリーランスである開業税理士の醍醐味です。

ひとりごと

私も執筆しているこの本にも、いろんなタイプの税理士が載っています。
ご興味のある方は、ぜひ。

-生き方・働き方

関連記事

未来経営塾の夏合宿

先週末は、未来経営塾の夏合宿のため、熱海へ。 元中部電力の保養所が、TKPが運営する会議室付の宿泊施設になっていました。

間もなく第3期未来経営塾がスタート

未来経営塾は、第2期が無事終了し、今週が卒業式です。 そして、5月からは新たな塾生12名をむかえ、第3期がスタートします。 3期生は業種もバラエティに富んでいて、女性経営者も複数いらっしゃり、 事務局 …

勤務税理士にも・・・賠償責任?

週刊T&Aマスターの最新号には、相続税の申告業務をめぐる最近の訴訟トラブルが紹介されていました。

ぜひやりたいと思うのは「ハートに火をつけてくれる」人からの仕事

仕事は平準化したいけれど、やむなく依頼が重なってしまう・・・こんなこと、誰でもあると思います。 今回、雑誌への執筆依頼が3本重なったため、うち2本はやむを得ずお断りし、他の先生にお願いしました。 ひと …

品質や価格で競わない。伸ばすのは「自分の魅力」

自分のパーソナリティは、生まれながらに与えられた自分だけの武器。 だからこそ、重要なのは「自分の魅力」を高める努力です。 目次1 もっと報酬を払いたい!2 「何をする人か」ではなく「どんな人なのか」で …