税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

親族による財産の使い込みを防ぐには

マネー

おとといの新聞に、「生前贈与手続、無料で代行 三菱UFJ信託」という記事がありました。 教育資金贈与信託の手数料も無料でしたが、こちらも無料だとのこと。
といっても、銀行はボランティアではありませんから、遺言信託(公正証書遺言の証人立会い+遺言書の保管+財産の名義書換)のサービスもセットでお勧めし、利益を得るのでしょう。

業務の手間や難易度と比較して、信託銀行の遺言執行報酬は高すぎますが、公正証書遺言を作り、第三者を遺言執行者に指定し、名義書換をお願いするのが一番安心なので、キャッシュに余裕があるならそのお勧めに乗ってもよいと思います。
ですが、どうせ信託銀行に頼むなら、遺言信託より先に、遺言代用信託を利用すべきでは?と感じる機会が増えています。

遺言代用信託
信託銀行にキャッシュを預け、自分の生前は自分が毎月一定額のキャッシュを受け取り、自分の死亡時に残りがあれば、親族が一時金または毎月定額で受け取れるという商品

平均で週に1、2回、単発での税務相談を受けますが、最近は認知症などで意思能力が不十分になった人の財産を、親族が使い込むなどのご相談が続いています。たとえば

「父の相続時、認知症の母の代わりに、子が勝手に遺産分割協議を行い母の取り分を決め、母が相続した (はずの)財産を、子が使い込んでいる」
「叔母は元気なとき、甥と任意後見契約を結んでいたが、現在叔母が認知症になり、意思能力が なくなっているにも関わらず、甥は監督人の選任を家庭裁判所に申し立てず、叔母の財産を勝手に使っている」
「認知症の母の介護にお金がかかると、自分が相続する財産が減るので、と、子が母の預金から
介護費用を出すことを渋る」など。

本来は、家裁の手続きを経て成年後見人がつけば、後見人が本人の代理として法律行為を行います。
または、事前に信頼できる人と任意後見契約を結んでいたら、意思能力がなくなった時点で、後見人が監督人の選任を家裁に申し立て、同じく本人をサポートする手はずを整えてくれるはず。

親族による使い込みが起きるのは、これらの制度を利用していない場合のはずなのに、利用していても制度が機能していないことがあるのです。

後見人になっている司法書士さんなどに聞くと、後見人は、本人の資金収支について家裁に報告書は出すものの、詳細までは明らかする必要がなく、「雑費5万円」のような超ザックリした記載でもOKだとのこと。

後見人が親族ではなく、弁護士や司法書士などの専門家でも、使い込みの事例はあり・・・
それじゃ、「認知症の人のお金は使い込んでもOKだよ(バレないよ)」って言っているようなもの?

十分なお金があり、信頼できる家族がいても、体が不自由になり、意思能力がなくなったときに、自分のお金を自分のために使ってもらうには、親族や専門家より、銀行の遺言代用信託の方が安心に思えます。
お金を使い込まれるリスクが低く、毎月決まった金額を安心して受け取れるのですから、三菱UFJ信託銀行の「ずっと安心信託」という商品名にも納得です。

相続のご相談を受けながら、自分が死んだ後(相続)の対策より、死ぬ前(老後資金)の対策の方が先かもしれないと思うのは、何だか悲しい気持ちになりますが・・・

-マネー

関連記事

日本人の平均寿命が過去最高に

平均寿命、女性86.83歳で3年連続世界一 14年 (日本経済新聞電子版 2015年7月30日) 2014年の日本人の平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳で、 いずれも過去最高を更新したことが …

認知症サポーターになりました

新宿区の認知症サポーター養成講座を受講し、晴れて「認知症サポーター」になりました。

老後資金の不安を見える化しよう。生活費の目安とねんきん定期便の見かた

老後の2大不安といえば、健康とお金。 「老後破産」というキーワードでAmazonを検索すると、非常にたくさんの本があり驚きます。 特に私のまわりでは、国民年金だけのフリーランスより、厚生年金もあるサラ …

誰もが支え手となれる、そして誰もが必要な時に支えてもらえる社会

「人は誰でも、ある日突然支えられる存在になる。 それまで無意識のうちに、仕事をし家庭を営む自分を支える側だと思っていたが、その状況は一瞬で変わった」 数か月前、日経新聞の夕刊で目にした、元厚労事務次官 …

呼値の単位変更により、上場株式の株価が円未満になることも?

相続税を計算するため、上場株式の「1株あたり株価」のデータを取得したところ 円ではなく 銭 単位(小数点以下第2位)で、株価が記載されていました。 「あれ?」と一瞬思ったものの、そういえば今年の7月2 …