相続カウンセリング 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and well-being

相続人の方を名字・肩書・続柄で呼ばない理由

相続・遺言・遺産分割

複数の相続人の方が集まる席に、税理士が同席する機会は多くあります。

相続税申告のみのお客さまでも
顔合わせ、途中経過のご報告、遺産分割協議、申告内容・納税額のご説明など。

私は、基本的に「〇〇さま」「〇〇さん」と下の名前でお呼びし
「名字」「肩書」「続柄」では呼ばないよう、気をつけています。

その理由についてまとめました。


※秀俊さま、将生さま

名字で呼ばない理由

「佐藤さま」「田中さま」のように、名字で呼ばないようにしています。

佐藤家の相続だから、同じ名字の方が複数いて混乱する、というより
「亡くなった方と同じ名字=相続上の様々な権利が優先される」という先入観を
相続人の方々に、持ちにくくして頂くためです。

寄与分などのもっともな理由があれば別ですが、単に名字が同じというだけで

「嫁に行ったのだから」(主張するな)
「もう佐藤の家の人間でもないのに」(口を出すな)

という方向に話が進みそうなケースでは、特に気をつけます。

結婚すると、女性が姓を変えることが大半ですが
近頃は、娘がおもに親のケア役割をしていることも多いので。

肩書で呼ばない理由

「社長」「専務」のように、肩書で呼ばないようにしています。

社長との1対1の打ち合わせや
経理担当者を交えて会うときは、もちろん「●●社長」と呼びますが
他の相続人の方と一緒に会うときに、肩書はつけません。

顧問先などの相続事案は、後継者である子がメインの相続人になり
税理士的には、既にお客様や資産内容の一部を知っているので、心理的には楽です。

ただそのことが
他のご兄弟から、税理士が中立ではない(=信用できない)と受け取られないよう
全員を「●●さま」と同じように呼んでいます。

続柄で呼ばない理由

「お父さま」「ご主人」「お母さま」「奥さま」「ご長男」「ご長女」のように
続柄で呼ばないようにしています。

名字で呼ばない理由と似ていますが、
みなさんが過去に家庭内で背負っていた役割を、相続の場面でさらに刷り込みたくないからです。

「妻だから・母だから・長男だから・お姉ちゃんだから・末っ子だから~すべき」のように
その役目が、長年のとらわれになっていることもあります。

とはいえ逆に、あえて続柄で呼ぶことも。

たとえば、声の大きい方の意見に押され、他の方が自分の疑問や考えを口に出せないときは

「お母さまは、どう思われますか」
「お姉さまは、何かご質問はありませんか」

と、目上の方の本来の立場感をその場に出し、公平に発言してもらえるよう心がけることもあります。

まとめ

以上、相続人の方を名字・肩書・続柄で呼ばない理由を書きました。

相続業務に関わる士業は、場づくりというか、場の下支えをする役割もありますね。

映画『ドライブ・マイ・カー』を観ました。
来月DVDが届くらしいので(夫購入)、再度じっくり「正しく傷つく」ことについて考えてみます。

-相続・遺言・遺産分割

関連記事

併用OKです。広大地と小規模宅地等の特例

目次1 広大地と小規模宅地等の特例は併用できます!2 ひとりごと 広大地と小規模宅地等の特例は併用できます! 先日の講演で 「広大地と小規模宅地等の特例は併用できるので しっかり要件を押さえて下さいね …

個人的には?だけど、使いたいなら結婚・子育て資金贈与特例のQ&Aは事前にチェック

今月、内閣府のHPに公表された、結婚・子育て資金一括贈与非課税特例のQ&Aを読んでいたところ 相続後の取扱いがスムーズに理解できない点がありました。 ●プロフィール ●相続カウンセリング・メールカウン …

国税庁HPに「相続税の申告要否判定コーナー」が開設されました

昨日5/11より、国税庁のHP上に「相続税の申告要否判定コーナー」が設けられています。 ●プロフィール ●相続カウンセリング・メールカウンセリング ●雑誌WEB等取材・執筆 ●新聞掲載 ●テレビ出演 …

日本人が一番利己的。遺産を子どもに残す動機の国際比較

親が子に遺産を残す動機は、日本人が一番利己的だという調査結果を読みました。 難しいとはいえ日本人にはもう少し、die with zero的視点が必要なのかもしれません。 目次1 遺産動機の国際比較2 …

認知症の相続人がいる場合の申告期限はいつ?

目次1 相続税の申告期限は死後10か月?2 相続人が認知症の場合2.1 1. 既に成年後見人が選任されている場合2.2 2. 成年後見人が選任されていない場合3 財産評価の時点は?4 ひとりごと 相続 …