税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

俗化せず、純化を加速させれば、50代、60代はもっと楽しい

心理学・カウンセリング

以前、とある70代マダムから

「真弓先生は、まだ40代でいいわね。
50代、60代は、史上最高に楽しいわよ」

と言われたことがあります。

そのときは、あまりピンときませんでしたが
今は、すごく納得しています。

50代、60代が楽しい理由

マダムいわく

「50代、60代は
30代、40代の頃と比べたら、お金や時間に余裕がある。

しかも、70代、80代より、肉体的にも元気。

だから、やりたいことが何でもできる

そんな風におっしゃっていました。

確かにご自身も
それを体現する生き方をしていらっしゃいます。

すぐにはできない。「やりたいことをやる」生き方

でも「やりたいことをやる」生き方は
すぐには実践できません。

50代、60代になる前の段階から
自分の心に正直に

人からどう見られようが
誰になんと言われようが

自分のやりたいことをやる。

そういう生き方を心がけていないと

いざ、お金や時間に余裕ができてからでは
なかなか難しいと思います。

俗化せず、純化をもっと加速させる

先日、とある論文を読んでいたら

40代からの降りていく生き方について
(専門的には、中年期のアイデンティティ再構成、といいますが)

「俗化」ではなく「純化」が有効だとあり
マダムの言葉と合わせて、ストンと腑に落ちました。

「俗化」とは
世間体や名誉といった、世俗的な価値観にしがみつき
自分が本心から、価値があると思う方向に進めないこと

「純化」とは
自分のアイデンティティの核になるもの
自分の人生で大切だと思う価値観を重視し
他は潔く捨てること

だとのこと。

真面目な人ほど、純化できず俗化におちいりがちです。

自分はあまり価値を感じないけど
人がやっているから、やった方がいいかなとか
お金になるのはこっちだから、こっちをやるべきかな、とか。

でもそんな生き方を続けると
中年期の危機に陥ることは、既に実証済。

私は、今年40代最後の年なので
さらに「純化」へシフトしていこうと思います。

まとめ

そう考えたら
逃げや諦めだらけの人生も

純化を「極める」、いい生き方なのかもしれませんね。

マダムから届いた、卵と親子丼セット。
史上最高に美味しいとのこと。

きっと移住先でも
マダムらしい人間関係の輪を作っていらっしゃるのだと思います。

-心理学・カウンセリング

関連記事

「3つのよいこと」メモで毎晩幸せに眠れる理由

毎日夜寝る前に、その日の「よかったこと」を3つ書きだす「3つのよいこと」メモは おだやかな気持ちで、眠りにつけ さらに、日々の小さなことに幸せを感じやすくなるので、おすすめです。 ※ 婦人画報1月号の …

大学院の講義がはじまりました。楽しみながら学びます

5月から大学院の講義がはじまりました。 これから2年間、楽しみながら学んでいきます。 ※昨夜はRefWorksというクラウドツールの研修会でした。 CiNiiやGoogle Scholarなどから集め …

おすすめ本『セルフケアの道具箱』伊藤絵美さん著

体の不調に比べ、心の不調には気づきにくいもの。 伊藤絵美さんの『セルフケアの道具箱』には 誰でも簡単にできる心の健康法が、100個、紹介されています。 ストレスモデルについての専門的な考え方も、分かり …

very goodじゃなくgood enoughでいい

目次1 very goodじゃなくgood enoughでいい2 お知らせ3 ひとりごと very goodじゃなくgood enoughでいい 先週、大学院で 「アサーション・トレーニング(自分も相 …

研究協力者探しのお礼。7月中に12人の方からお話を伺えました

協力者を募集していた遺産相続のインタビューですが、7月中に12人の方からお話を伺えました。 四国や九州、沖縄といった遠方からもご協力頂けたのは 友人が募集ページをSNSでシェアしてくれたおかげです。 …