税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

話しベタでも大丈夫。話せる人は多いけど聴ける人は少ない

心理学・カウンセリング

※フォーシーズンズホテル大手町 PIGNETO 2回目ワクチン接種当日(30分後)

話し方は学ぶけど、ふつう聞き方は学ばない

「話す」スキルと「聞く」スキル
どちらかを磨くなら、ふつうは話すスキルだと思います。

話すスキルの本は山ほどあるし、話し方教室に通った人の話は聞きますが
聞き方教室は、そもそもあるのか。私は知りません。

ビジネス上は、営業職じゃなくても、話すスキルは必要です。
会議、プレゼンしかり。


加えてフリーランスは、セミナー、Youtube、音声配信といった
情報発信までできるスキルが必要だという考え方が、今は主流かもしれません。

みんな基本的には、人の話を聞くより、自分の話をする方が好きですしね。

「話す」は結局「聞く」につながる

ただ、人との関わりは形を問わず
最終的には「聴く(聞く)こと」につながっている気がします。


聞く人あっての話し手で、受信あっての発信ですから。
話す力を磨くだけじゃ、完結しないというか、言葉が宙に浮いたままというか。

ビジネス上の情報発信だって、最終的には買い手の「心の声」を聴き(予想し)ながら
お財布を開いてもらっていますよね。


夫婦や親子関係だって、聞かずに話すだけじゃ、わかり合えないですもん。

そのために口は1つで耳は2つある。わかってはいてもなかなか、ですが(笑)

プロのカウンセラーの技はすごい!

カウンセラーは、「聴く」プロです。
相手がわかってほしいと思っていることを、理解しようとするのが仕事です。

以前、大学院の同期(EAPカウンセラー)に模擬カウンセリングを見せてもらい、衝撃を受けました。

「いつも~なんですか」
「だから~なんですね」
「~ということですね」
「どうしてそう思うんでしょう」
「それは、どういうときですか」
「あ、ちょっと違いますか」
「いろいろあるけど、ご自身の中では何が1番~ですか」
「先ほどの●●ですが、具体的にはどのような~」

といった感じで
「肯定する→繰り返す→まとめる・言い換える」に「+αの私見をつけ加える」を繰り返し。

カウンセラー側が伝えた「+αの私見」がズレていても
「あ、ちょっと違いますか」「そうなんです。実は~」と会話がスルスル続きます。

一見、簡単そう。
でもこの後、ロールプレイで練習させてもらったら、難しすぎて1ミリも真似できませんでした。

話すプロは、人から見てわかりやすい。
でも聴くプロは、人にはわからない上に、難易度もかなり高いと知りました。

士業のソリューションに聴くスキルを融合できたら

専門家やコンサルは、「話す」ことに比重を置きすぎていないでしょうか。

中には「聴く」ことからはかけ離れ、「聞く」すらしてくれない方もいます。
「問題点の解決法は、これとこれとこれです!以上!」みたいな。

士業に限らず、医者やお役所の窓口もしかりですが。

相談者の抱える悩みは、問題点そのものだけに焦点をあてても解決しません。

その人にとっての、悩みの位置づけや重さ、
さらに、その悩みを持つに至った経緯まで聴かないと、本当の意味での解決には至らないからです。

時間的な制約を、聴けない理由にしがちですが
それはそもそも不十分なサポートしかできない時間設定や働き方、報酬体系そのものが問題であり。

その反面、士業という専門家の立場でカウンセリングを学ぶと、
両方の一長一短がよく分かります。

カウンセリングだけでは、真の解決にたどりつけないからです。

士業は、問題の解決策というソリューションを持っているのだから
もう少し「聴く」に重きを置いたら、無敵なのに、と思ったりしています。

まとめ

聴く(聞く)ことについて、感じたことをまとめてみました。

研究用インタビューの録音を、逐語録作成のため、自分で聞くと、
意外にも少しずつ、自分の聴き方が上達している気がします(←自己肯定は大事!)

話しベタには少し肩身の狭いご時世ですが、
だからその分、聞き手に寄り添いたいのかもという、発想の転換もできますね。

人は誰しも、他人にわかってもらいたいことがたくさんありますから。

※2回目ワクチン接種 翌日(20時間後)
その後37度8分まで上がり、翌々日に無事下がりました。

-心理学・カウンセリング

関連記事

おすすめ本『心はどこへ消えた?』東畑開人さん著

東畑開人さんの『心はどこへ消えた?』を読みました。 週刊文春への連載がまとめられた本なので、 心理学に興味のない方でも、ゆるく楽しみながら読め、おすすめです。 目次1 好きな理由は、大事にしたいことが …

認知症についてゆるく知るためのおすすめ映画&本

認知症は、けっして特別な病気ではありません。 女性なら80代後半で44%、90代前半で65%の方が発症します。 今はコロナの影響で、外出や人との交流を控える方が多く 高齢者はフレイル(加齢による心身の …

【ご協力のお願い】上司・部下についてのアンケートおよびインタビュー

ゼミでご一緒している筑波大学の学生さんが、 卒業論文執筆のため、研究協力者を探しています。 対象者の要件にあてはまる方、ご協力いただけたらありがたいです。 ※筑波大学筑波キャンパスの中央図書館入口 目 …

つきあうのが難しい人がいたら、パーソナリティ障害の視点が役にたつかも

「つきあうのが難しい」と感じる人がいたら、その人から離れるのがとりあえずの対処法です。 でも、簡単には離れられない場合 たとえば、会社の上司や同僚、お客さま、ママ友、ましてや自分の親兄弟となるとそうも …

研究協力者を募集します。対象は「子の立場で父の遺産相続を経験された方」です

大学院の研究テーマである「父の遺産相続における子の心理的葛藤に関する探索的検討」について 経験談を話して下さる研究協力者を募集しています。 過去10年以内に父親の相続を経験した方が対象です。 20名程 …