税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

資産運用。まずは「72の法則」から

税・お金

「72の法則」ってご存じですか?

72を利率で割ると、資産が倍になるまでの大まかな年数が分かるという法則です。

資産運用の基礎の基礎になります。

※↑資産運用に興味がなければ、読まなくても大丈夫 ^^

72の法則とは

たとえば「72÷1=72」なので、利率1%で運用すると、今ある資産は約72年で2倍になります。

同様に

利率2%なら、72÷2=36なので、約36年で2倍
利率3%なら、72÷3=24なので、約24年で2倍
利率4%なら、72÷4=18なので、約18年で2倍
利率5%なら、72÷5≒14なので、約14年で2倍

ざっくりこんなイメージです。

仮に今、1000万円の貯金があるとして
これを利率2%で運用すれば、約36年後には自動的に2倍の2000万円になります。

この「72の法則」、私は証券会社に入社したばかりのころ
PB部の部長さんに「福田さん、『72の法則』って知ってる?」と聞かれ(←当然、知らない)
教えていただき、初めて知りました。

資産が2倍になる条件

ただし、これには条件があります。

それは「途中で引き出しちゃダメ(解約もダメ)」だということ。
複利での運用が条件だからです。

「複利」とは、元本が雪だるま式に増えていく運用方法のこと。

今年もらった利息を引き出さなければ、来年はその利息も元本になり、元本が増えます。
そうすれば、増えた元本にさらに利息がつきますので

1000万円を、利率2%で運用し続ければ
2年目には、元本が1020万円に
3年目には、元本が10,404,000円に
4年目には、元本が10,612,080円、となり。

資産の増えるスピードがより増して、36年後には2倍の2000万円になるのです。

まとめ

以上、72を利率で割ると、資産が倍になるまでの大まかな年数が分かるという
「72の法則」について、でした。

ちなみに「相続したお金をどうしたらいいか」というご相談は、多いです。特に女性から。

自分の老後のため、子どもに残すため、運用した方がいいとは思う。
でも、勉強してからじゃないと怖いし、よく分からないから定期預金のままにしている。

みたいな。

もちろん、運用に興味があれば、勉強してもいいですが
そうじゃなければひとまず、ネット証券に口座を開き
個人向け国債とインデックスファンドにしておけばいいような。

メガバンクの定期預金は金利0.002%なので、36000年たたないと2倍になりませんが
2%で運用できれば、36年で2倍になりますので。

でも、銀行の窓口でそうすすめられ、お客様がそこで投資信託を買ってしまうと困ります!

なので、そんなご相談の最初には、この「72の法則」の話をしたりしています。

-税・お金

関連記事

「高すぎる」「関係なさそう」な経費はダメ?

先週は丸2日間、顧問先法人の税務調査に立ち会いました。 実地調査は一応終わり、今後は税務署の指摘事項につき、やりとりすることになりそうです。 土曜に受講した、都築法務税務会計研究グループの研修テーマは …

投資信託。商品名の見かたをおさえれば、中身も大体わかります

投資初心者にとって最初のハードルは、「何に投資をしたらいいか」だと思います。 中でも投資信託は、選び方が難しいと思われがちですが 「商品名の見かた」さえおさえれば、だいたいの中身が分かるようになります …

申告書、レターパックならOK。でもゆうパックではダメ

ヤマトのメール便や、日本郵便のゆうメール。 ダイレクトメールなどの送付に、よく利用されています。 普通郵便より安い上、配送状況の確認までできるという点がメリットです。 また、郵便局からは、ゆうパック、 …

資産運用はアセットアロケーションにも目配りを

資産運用の相談をときどき受けます。 投資助言業の資格を持たないため、個別銘柄のアドバイスはできません。 一般論や私見をお話するだけです。 資産運用というと、つい「何を買うか」に着目しがちですが 一定額 …

私は私。でもマイナンバー制度の「本人確認」ではその証明も必要

今朝の日経新聞の、「マイナンバー始動 どう変わる」という記事では マイナンバー導入のスケジュールやねらいなどが、解説されています。 ※ 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』の広告も、掲載して頂いて …