税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

つい忘れがち。離婚に伴う税金について

税金 メディア

今日8/20(水)の日本経済新聞、マネー&インベストメント【熟年離婚 妻の取り分は?】で
コメントしています。

離婚に伴う税金の問題は、養育費や親権、財産分与、年金分割、社保負担など、他の論点に比べ重要度は落ちますが、後で予想外の税金を負担しなくて済むようにしたいもの。

**********

離婚時に、「何の財産を」「どのような使途で」もらうかにより、税金の負担は変わります。

財産分与・慰謝料

もらう財産がキャッシュなら、もらう人に贈与税・所得税などはかかりません。
でも、たとえば住んでいる自宅などキャッシュ以外の財産をもらうと、「もらう人」ではなく「あげた人」に譲渡所得税がかかります。 時価から取得費(建物は減価償却後)を差し引いた、値上がり分が課税の対象です。

離婚届の提出後なら、「3,000万円の特別控除」や「所有期間10年超の軽減税率」などの特例により、納税額がゼロになる可能性も高いのですが、あげる人が自宅を出て3年以上たってから離婚が成立した場合、これらの特例は使えません。

別居の際は、いつまでに離婚するかも頭の片隅に置く必要あり?

養育費

もらう人に、贈与税・所得税などはかかりません。
ただし、将来の養育費を一括してもらうと、原則的に贈与税がかかります。

不動産取得税

慰謝料や離婚後の扶養目的で、自宅や賃貸物件などの不動産をもらう場合には、もらう人に不動産取得税がかかります。税額は、固定資産税評価額に3%をかけた金額です。
ただし通常(富裕層以外の場合)は、夫婦の「実質的共有財産」の清算目的で自宅をもらうケースが多いため、不動産取得税はかからないことがほとんどです。

登録免許税

不動産の名義を、あげた人からもらう人に書換えた場合には、もらう人に登録免許税がかかります。税額は、固定資産税評価額に2%をかけた金額です。

固定資産税・都市計画税

不動産をもらった場合には、その後毎年、もらった人に固定資産税と都市計画税がかかります。税額は、固定資産税評価額の1.7%ですが、自宅や居住用不動産には様々な特例があり、もう少し安くなります。

**********

旧東ドイツは離婚率が5割超だったとのこと。先週、ドイツに行った際に聞きました。
現在も、世界の離婚率の上位は東欧諸国が占めています。
ドイツでは、ポツダムやホロコーストの記念碑、ベルリンの壁のあとなどを、 ちょうど日本の終戦の日(8/15)やベルリンの壁ができた日(8/13)前後に訪れました。

P1010105

海外での休暇は、自分が日々感じる違和感を直視できる、貴重な時間です。

-税金, メディア

関連記事

「自分でできる相続税申告」が3刷になりました

目次1 メディア情報1.1 『自分でできる相続税申告』が3刷になりました1.2 来月中旬から、新聞のコラム連載がスタートします2 税制改正による本の「内容陳腐化」問題3 ひとりごと メディア情報 『自 …

忘れがちな不動産取得税…相続税・贈与税がかからない時ほど要注意

弁護士さんから、「相続って不動産取得税は非課税だと思ってたんですが・・・」という電話がありました。不動産取得税について、都税事務所から郵便が来たと、相続案件のお客様から連絡があったそうです。

医療法人の相続税の納税猶予、活用の検討も

今日は新宿にて、日本生命さんの講演でした。税理士さんなどの保険代理店様と一般のお客様、合わせて100名ほどの参加者だったとのこと。今年一番の猛暑の中、ご参加頂きありがとうございました。 また、昨日発売 …

「高すぎる」「関係なさそう」な経費はダメ?

先週は丸2日間、顧問先法人の税務調査に立ち会いました。 実地調査は一応終わり、今後は税務署の指摘事項につき、やりとりすることになりそうです。 土曜に受講した、都築法務税務会計研究グループの研修テーマは …

〇〇しながら××も少しずつ、に軌道修正

「〇〇が終わるまで、××は小休止」という日々を送っていましたが、 そうすると、「いつまでたっても××ができない!」ということに気づき・・・ 「〇〇しながら、××も少しずつ」に軌道修正です。 ブログも× …