税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

shouldではなくwantでいっぱいの人生を送る

生き方・働き方

なじみのない分野に興味がわき、いろいろな本を読んでいます。

これは30年前に書かれた心理学の本ですが
「自分なりの人生哲学を持つこと」の大切さを認識でき、おススメです。

「考え方次第で悩みは消える」

「考え方次第で悩みは消える」
本の内容は、端的に言えばそれだけです。

といっても、決して精神論ではなく

事実(出来事)そのものが、悩みを生むのではなく
それを自分がどう受け取るか、つまり「考え方」が悩みの源泉である。

そしてその考え方は、各自が後天的に身に着けたものなので、書換は可能。

もし、自分が論理のない受け取り方をして、悩んでいるのなら
論理のある受け取り方をできるよう、自分の考え方を変えること。

つまり、他人の好みや、勝手な拡大解釈に左右されず
事実に基づき、論理的に考える能力を身につければ、悩みは消える。

そんな内容だったと思います。

なぜ人生はフラストレーションのかたまりなのか

でも、なぜ人からは恵まれた人生に見えても、誰もが悩みを抱えているのか?

それは、この世は「私」のためにつくられたものではなく
私は世の中の「一部」でしかないから。

当然、世の中の人は、私のためにいるわけではなく、私の思うようには動かない。

だから、フラストレーションがたまり、それが悩みになる。

※著者は「世の中は自分のためにあるのではない」と1日3回唱えろと言っています(笑)

事実は事実。
だから、自分の「考え方」を鍛えよう。
それが自分なりの「人生哲学」で、生きる指針になる。

そのように私はとらえたところです。

shouldよりwantで

あと、私が陥りやすい点についても、本では言及されていました。

それは、「ねばならない」ではなく
「~であるにこしたことはない」「~したいからする」と考えるようにすること、です。

神経質で真面目な人ほど、つい「目標達成志向」に陥りがちですが
あそびの心を容認し、人生のプロセスを味わって生きる「プロセス主義(今ここを大事にした生き方)」をしようね、と。

なぜなら、必要性があまりなく、大して興味もないことを
「せねばならぬ」と自分で自分に鞭打ってするのは人生を幸福にしないからです。

私も過去には、この呪いに囚われていましたが
今は「やりたいからやる」ことばかりで、時間が足りないのが悩みの種・・・

もし、wantよりshould志向に囚われている方がいたら、その点からもこの本はオススメです。

ひとりごと

猛暑の中、生活設計塾クルーさんのセミナーも無事終了。
相続税の軽減対策として紹介した「タワマン節税」については、質問もいくつか頂きました。

総則6項での否認事例も徐々に明らかになっていますので、私はおすすめしませんが
子どもや孫の居住用など、実需で取得するのなら「あり」なのかもしれません。

タワマン節税でクローズアップ。「総則6項」とは?/Living Planner

週末は、画家の大沢拓也さんにお誘い頂き、大沢さん作の「1日限りの馬の絵展」にお邪魔しました。

取材旅行の秘話も、聞かせて頂き
写真では凄さが伝えきれませんが、本当に素晴らしかったです。

その後、東京藝大の教授さんや後輩の画家さんたちと魚や一丁で打上げ。

藝大生ばかりの飲み会なんて、そうそうないので
これに書いてあったことが事実なのかそうでないのか、つい興味本位でいろいろ伺ってしまい・・・

まさに、shouldではなくwantの人生を送っていらっしゃる方たちでした。

-生き方・働き方

関連記事

「伝えた」事実より「伝わる」努力

自分は伝えたはずなのに、相手には伝わっていなかった、ということがあります。 友人や同僚、上司、お客様などと、あとで「言った」「言わない」のトラブルにならないよう、はじめから「伝わる」努力をしたいもので …

品質や価格で競わない。伸ばすのは「自分の魅力」

自分のパーソナリティは、生まれながらに与えられた自分だけの武器。 だからこそ、重要なのは「自分の魅力」を高める努力です。 目次1 もっと報酬を払いたい!2 「何をする人か」ではなく「どんな人なのか」で …

やっぱり自分が「お客さま」にならないと分からない

税務雑誌の相続特集の取材を受けました。私の担当は、「まず何から勉強したらいい?」「どうやったら相続業務の依頼がくる?」「仕事やお客様は選ぶべき?」といった、相続税のイロハのイの部分です。 その際、「通 …

ネガとポジ

昔、「魔法の天使クリィミーマミ」というアニメがあったそうです。 と伝聞なのは、私はそのアニメを見た記憶がなく、同じ年のFP八ツ井慶子さんに教えてもらったから。 その中に、ネガ(♂)とポジ(♀)という、 …

装いをおろそかにしない。「外見」は一番外側の「中身」

お客様にお茶を出したとき、隣のイスに素敵なバッグが置かれているのに気づきました。 HELEN KAMINSKIのやわらかそうなカゴバッグです。 私も昨夏、HELEN KAMINSKIのやさしい風合いと …