相続のエキスパート 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and well-being

女性特有、インポスター症候群について知っておこう

心理学・カウンセリング

インポスター症候群ってご存じですか?
別名、詐欺師症候群ともいわれています。

「ああ、また私インポスター症候群だ」と思う出来事があったので、書いてみます。

インポスター症候群とは

インポスター症候群とは

努力して成果を上げ、周囲からも評価されているのに
それは自分の実力じゃなく、運がよかっただけで
いつかは本当の実力がバレるのではと、自分を過小評価し不安に思うこと。

自分の能力は高くないのに過大評価されている
=周囲をだましている詐欺師のような気分になるところから、こう呼ばれているそうです。

シェリル・サンドバーグさんの『LEAN IN』を読んだ方はご存じかもしれませんね。

もともとは、心理学者が女性プロフェッショナルを対象に行った臨床研究がベースになっています。

女性特有だと知っておく

ここでぜひ知っておきたいのは、
インポスターは女性や人種的マイノリティーに特有の症状だということです。

その理由のひとつとして
女性は男性と比較しセロトニンの生成能力が半分以下だから、と聞いたことがありますが

(事実かどうかは?
少なくとも、セロトニンは女性ホルモンと連動していて
更年期は低下しやすいのは事実でしょうが)

それはともかく、もしこういう感情が湧いたら気づき、一呼吸おいて

確かに周りの人のおかげや運もあるけれど、
十分頑張ったし、それに見合う実力もあったからだよ、と
自分で自分の肩をポンポンと、優しくたたいてあげることが大事だと思います。

「自分は下駄を履いている感」の功罪

インポスター症候群で、自分を卑下しすぎることには気をつけたい。

でも、自分が下駄を履いている感を持つことは、悪いことばかりじゃない気もします。

自分は足りていないと思うからこそ
誠実に努力したり、地道に準備したりするともいえるので。

ジル・チャンさんの『静かな人の戦略書』にも書かれていましたが
(本書だと、私はやや内向的タイプでした)

 

外向的な人の方が、はったりも効くし評価されやすいけれど
控えめな態度の方が逆に、信頼感を生むこともあります。

無理せず自分らしい態度でい続けること。

それが、望む仕事や人間関係を引き寄せることにもつながると感じます。

おわりに

今回の、私のインポスター症候群の発生は
来週のセミナーレジュメに「講師プロフィール」ページをを入れるか否か。

私はできれば入れたくない。
プロフィール文を読むと、たとえ事実でも自分のリアルな実力とは乖離してる気がします。

それにぜひ知って欲しいのは、私なんかのプロフィールじゃなく、相続贈与の内容だし。

で、入れずにレジュメをお送りしたら、クルーの深田さんから

「プロフィールは、表紙の次に入れてください。
自分を知ってもらうことは大事。
しっかり自己アピールしたプロフィールを入れてくださいね」

と諭されました。

活躍されている女性の先輩の、アドバイスは貴重です。

-心理学・カウンセリング

関連記事

お金はウェルビーイングを遠ざける

目次1 デパ地下で店員さんに怒鳴る人2 カネに物を言わせる人生は悲しい3 お金を使ったコミュニケーションは幸せを遠ざける4 まとめ デパ地下で店員さんに怒鳴る人 晩ごはん用の肉や魚は、仕事帰りにデパ地 …

話しベタでも大丈夫。話せる人は多いけど聴ける人は少ない

※フォーシーズンズホテル大手町 PIGNETO 2回目ワクチン接種当日(30分後) 目次1 話し方は学ぶけど、ふつう聞き方は学ばない2 「話す」は結局「聞く」につながる3 プロのカウンセラーの技はすご …

very goodじゃなくgood enoughでいい

目次1 very goodじゃなくgood enoughでいい2 お知らせ3 ひとりごと very goodじゃなくgood enoughでいい 先週、大学院で 「アサーション・トレーニング(自分も相 …

研究協力者を募集します。対象は「子の立場で父の遺産相続を経験された方」です

大学院の研究テーマである「父の遺産相続における子の心理的葛藤に関する探索的検討」について 経験談を話して下さる研究協力者を募集しています。 過去10年以内に父親の相続を経験した方が対象です。 20名程 …

つきあうのが難しい人がいたら、パーソナリティ障害の視点が役にたつかも

「つきあうのが難しい」と感じる人がいたら、その人から離れるのがとりあえずの対処法です。 でも、簡単には離れられない場合 たとえば、会社の上司や同僚、お客さま、ママ友、ましてや自分の親兄弟となるとそうも …