相続のエキスパート 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and well-being

very goodじゃなくgood enoughでいい

心理学・カウンセリング お知らせ

very goodじゃなくgood enoughでいい

先週、大学院で
「アサーション・トレーニング(自分も相手も大切にする自己表現方法)」のワークを行い

2年前に私が生まれて初めて手に取った、心理学の本のことを思い出しました。

shouldではなくwantでいっぱいの人生を送る

カウンセリングの分野では有名な、国分康孝先生が書かれています。

アルバート・エリスの論理療法がベースになっていますが
一番のポイントは「考え方次第で悩みは消える」と考える点です。

だから、自分も・他人も

very goodじゃなく「good enough」でいい。
自信は「自己信頼」。
適当は、テキトーではなく「ちょうどいい」と考える。

完璧主義にならない。
失敗を恐れない。

「〇〇すべきだ」「〇〇でなくてはならない」というmust、shouldという思い込みをやめ
betterでよいと考えられるようになると、悩みの多くは消えてなくなります。

と言い聞かせ、ジェットコースターに乗っているような毎日ですが、何とか生き長らえてます。

お知らせ

STORY2020年8月号「40代、「退職」もそう遠くないから、お金のこと」へ取材協力及びコメントしています。

大和証券 子育てとお金の情報サイトSODATTE「祖父母から孫へ上手に贈与するには!?贈与のポイントや注意点を解説」へ取材協力及びコメントしています。

ひとりごと

コロナの影響で、今年の大学院の入試日程はちょうど2か月後ろ倒しになり
10/24(土)25(日)に予定されているそうです。

公開情報が少ないせいか
私のブログを読んだ方から、HP経由でいろいろなお問い合わせを頂きます。

大学院で心理学・カウンセリングを学ぶことになりました

コロナの影響が大きく長引いているため、今後は、働くにも学ぶにも、工夫がいりそうです。
私たちも講義は未だZoomで、図書館の利用も事前の許可が必要です。

でも、事実は変わらなくても、それを活かすか・悩むかは自分で選べることですよね。

-心理学・カウンセリング, お知らせ

関連記事

shouldではなくwantでいっぱいの人生を送る

なじみのない分野に興味がわき、いろいろな本を読んでいます。 〈自己発見〉の心理学 (講談社現代新書) posted with ヨメレバ 国分 康孝 講談社 1991-03-15 これは30年前に書かれ …

プライベートな情報。あえてオープンにするメリットは内集団ひいき

自分のオフィシャルサイトのプロフィールに手を加え、プライベートな内容を増やしました。 まだためらいがあり、どう開示していいか分からないので 様子を見ながら、出したりひっこめたりするかもしれませんが し …

認知症についてゆるく知るためのおすすめ映画&本

認知症は、けっして特別な病気ではありません。 女性なら80代後半で44%、90代前半で65%の方が発症します。 今はコロナの影響で、外出や人との交流を控える方が多く 高齢者はフレイル(加齢による心身の …

つきあうのが難しい人がいたら、パーソナリティ障害の視点が役にたつかも

「つきあうのが難しい」と感じる人がいたら、その人から離れるのがとりあえずの対処法です。 でも、簡単には離れられない場合 たとえば、会社の上司や同僚、お客さま、ママ友、ましてや自分の親兄弟となるとそうも …

2016年 年間ベストセラー

今年の年間ベストセラーが発表されました! おととし、共著で執筆した 身近な人が亡くなった後の手続のすべて posted with ヨメレバ 児島 明日美,福田 真弓,酒井 明日子 自由国民社 2014 …