税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

very goodじゃなくgood enoughでいい

心理学・カウンセリング お知らせ

very goodじゃなくgood enoughでいい

先週、大学院で
「アサーション・トレーニング(自分も相手も大切にする自己表現方法)」のワークを行い

2年前に私が生まれて初めて手に取った、心理学の本のことを思い出しました。

shouldではなくwantでいっぱいの人生を送る

カウンセリングの分野では有名な、国分康孝先生が書かれています。

アルバート・エリスの論理療法がベースになっていますが
一番のポイントは「考え方次第で悩みは消える」と考える点です。

だから、自分も・他人も

very goodじゃなく「good enough」でいい。
自信は「自己信頼」。
適当は、テキトーではなく「ちょうどいい」と考える。

完璧主義にならない。
失敗を恐れない。

「〇〇すべきだ」「〇〇でなくてはならない」というmust、shouldという思い込みをやめ
betterでよいと考えられるようになると、悩みの多くは消えてなくなります。

と言い聞かせ、ジェットコースターに乗っているような毎日ですが、何とか生き長らえてます。

お知らせ

STORY2020年8月号「40代、「退職」もそう遠くないから、お金のこと」へ取材協力及びコメントしています。

大和証券 子育てとお金の情報サイトSODATTE「祖父母から孫へ上手に贈与するには!?贈与のポイントや注意点を解説」へ取材協力及びコメントしています。

ひとりごと

コロナの影響で、今年の大学院の入試日程はちょうど2か月後ろ倒しになり
10/24(土)25(日)に予定されているそうです。

公開情報が少ないせいか
私のブログを読んだ方から、HP経由でいろいろなお問い合わせを頂きます。

大学院で心理学・カウンセリングを学ぶことになりました

コロナの影響が大きく長引いているため、今後は、働くにも学ぶにも、工夫がいりそうです。
私たちも講義は未だZoomで、図書館の利用も事前の許可が必要です。

でも、事実は変わらなくても、それを活かすか・悩むかは自分で選べることですよね。

-心理学・カウンセリング, お知らせ

関連記事

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』の新訂版、2020年10月3日発売です

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』新訂版 コロナの影響で発売が延期されていましたが、2020年10月3日に発売されることになりました。 ※以下は旧版になりますので、できればお買い求めにならないよ …

近況報告

目次1 テレビ出演2 講演3 ひとりごと テレビ出演 7月16日に、BSテレビ東京「日経モーニングプラス」に出演させて頂きました。 テーマは「相続法改正」。 他の番組では、キャッチーで一般の方にも理解 …

雑誌掲載のお知らせ

雑誌掲載のお知らせです。 目次1 週刊東洋経済 2019年4月27日・5月4日合併号2 かんぽ生命のかんぽプラチナサービス 総集号3 ひとりごと 週刊東洋経済 2019年4月27日・5月4日合併号 週 …

生前贈与の遺産への持戻し、10年限定になったのは遺留分侵害額の算定だけ。相続分は違います

週刊朝日2019年11月8日号 「きょうだい格差が招く相続トラブル」に取材協力・コメントしています。 兄弟格差は、相続争いの永遠のテーマですが 「過去どのくらい前までの生前贈与を、親からの遺産の先取り …

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が15刷11万部になりました

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が なんと15刷、11万部になりました。 出版社さんが、全国各地の新聞に、広告を掲載し続けて下さっていることもあり アマゾンの総合ランキングでも、 …