税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

日本人が一番利己的。遺産を子どもに残す動機の国際比較

相続・遺言・遺産分割 心理学・カウンセリング

親が子に遺産を残す動機は、日本人が一番利己的だという調査結果を読みました。

難しいとはいえ日本人にはもう少し、die with zero的視点が必要なのかもしれません。

遺産動機の国際比較

先日、ゆうちょ財団が発行している『季刊個人金融』という冊子で、面白い記事を見かけました。

2009年に大阪大学が、親が子に遺産を残す動機について
アメリカ・日本・中国・インドの4か国でアンケート調査を行った結果です。

回答結果を「利己主義モデル」「王朝モデル」「利他主義モデル」の3つに分け

・ 利己主義モデル:親の世話をした子に多く、または全部残す

・ 王朝モデル:家や家業を継いでくれた子に多く、または全部残す

・ 利他主義モデル:(親の世話や家を継ぐかに関係なく)子の全員に均等か、稼ぐ能力の低い子に多く、または全部残す

国別に分析したところ

利己主義は「→中国(農村部)→中国(都市部)→印→」の順で多く
利他主義は「→印→中(都市部)→中(農村部)→」で多かったとのこと。

つまり、日本人の親の遺産動機が最も利己的で、逆にアメリカ人が最も利他的。

さらに、王朝モデルも「中(農村部)→中(都市部)→印→→米」の順で多く、日本は下位で
日本人は、イエや家業を大事にする民族ともいえないという調査結果でした。

日本の親子は愛情ではなくお金の絆が強い

一般的にはアメリカより、日本の方が「家族の絆」が強いと思われがちです。

でもこのデータによれば
日本の親子は「愛情」ベースの絆より、「お金」を媒介とした絆の方が強いことになり。

日本では、親→子への金銭的な援助期間が、アメリカより長く。
成人しても子は実家で暮らし~結婚費用~マイホーム取得資金~孫の学費と親の援助を受け続けます。

それを思えば
親が自分の老後の面倒をみた子に遺産を残すという考えは、利己的とはいえ理にかなっています。

民法の「寄与分」だって、まさにその考え方ですし。

ちなみに記事では、米・印が利他的、日・中が利己的な理由として、宗教心の差を挙げていました。

確か以前、寄付文化が日本に根付かないことや、心的外傷後成長(PTG:Posttraumatic grotwh)の下位因子で日本人にはスピリチュアルな変容がないことは、宗教心のない影響だと読んだ記憶があります。

なんかさみしいような、ですが。

die with zero、ゼロで死ね

だとすると、この本の内容も、アメリカより日本の方が、賛否両論ありそうです。
タイトルが「ゼロで死ね」ですから、否が多そう。

最後に頼れるものが、家族の愛情ではなくお金だと考えている人が多いなら、なおのこと。

でも確かに、老後まで潤沢な財産を持ち続け
自分の介護とバーターに、子に残す遺産の多寡を決めるのではなく

わが子が必要としているときに、自分が援助できる額を援助する
それが本来、愛情ベースでの親子の絆なのかもしれません。

コストである贈与税はさておき。

本には、寄付も死後の遺贈寄付じゃなく今渡す。そうすれば、より早く世の中をよくできる。

そう書かれていますが、日本人にとっては難しいし、厳しいですね。
高齢者の単身世帯や夫婦のみ世帯が多く、社会的紐帯が弱いことも考えると。

ただ、「より多く残す」ではなく、「より有益に使い切る」。
この視点は、誰もが充実した人生を送るため、今後より必要になると思います。

お金そのものや、お金を絆とした親子関係だけを重視するのではでなく
愛情ベース、信頼ベースのゆるく浅い絆を、いろいろな人と結ぶ生き方を心がける点からも。

まとめ

生前贈与がやたら奨励される12月。

遺産を残す動機が日本人が一番「利己的」だという調査結果や『DIE WITH ZERO』を読み、節税以外の視点から、親子とお金の関係について考えてみました。

-相続・遺言・遺産分割, 心理学・カウンセリング

関連記事

今日4/1からスタートする配偶者居住権。週刊東洋経済に原稿を執筆しています

今日、令和2年4月1日以降に亡くなった方の遺産分割や、今日以降に作成する遺言から 「配偶者居住権」の利用が可能になりました。 ちょうど私も以下の媒体で、原稿執筆や取材協力しています。 目次1 配偶者居 …

結婚20年以上の夫婦間で自宅を贈与。遺産分割対象外でも遺留分は侵害できない

民法相続編が改正され 婚姻期間が20年以上の夫婦間で、配偶者の一方が他方に対し、自宅の ・ 贈与(生前に渡すこと) ・ 遺贈(遺言で相続させること) をした場合、自宅は遺産分割の対象から除かれることに …

2024(令和6)年4月1日から相続登記が義務化されます

「相続登記」とは、相続した不動産の名義を変えること。 この相続登記が、2024(令和6)年4月1日から義務化されます。 目次1 相続登記とは2 相続登記が義務化された理由3 いつから?4 まとめ 相続 …

併用OKです。広大地と小規模宅地等の特例

目次1 広大地と小規模宅地等の特例は併用できます!2 ひとりごと 広大地と小規模宅地等の特例は併用できます! 先日の講演で 「広大地と小規模宅地等の特例は併用できるので しっかり要件を押さえて下さいね …

「3つのよいこと」メモで毎晩幸せに眠れる理由

毎日夜寝る前に、その日の「よかったこと」を3つ書きだす「3つのよいこと」メモは おだやかな気持ちで、眠りにつけ さらに、日々の小さなことに幸せを感じやすくなるので、おすすめです。 ※ 婦人画報1月号の …