セミナー講師の役割は、点を線にすること

働く

セミナー講師の役割は、聞き手の「点を線にすること」だと思っています。

点をつなげて線にしてもらうために、話す

先日セミナー講師をし、後日参加者の方から

「点と点で理解していた、相続の表面的なポイントが
線になってつながり、理解が深まりました」

と言われ、すごーくホッとしました。

3月は時期的に、話す準備まではできなかったこともありますが

何より、セミナー講師の役割は
聞き手の点を、線にすることだと思っているからです。

線で理解することが必要な理由

なぜ、線=ストーリーで理解してほしいか。

それは、聞き手の方に
できれば学ぶだけじゃなく、実際に動いてもらいたいから。

FPさんなら
既にお持ちの、法や税の知識をつなげ
相談、執筆、講演といった実務に活かしてもらうこと。

一般の方なら
なんとなくの不安や、ネットや本で知った情報を
大事な順に整理し、実際に備えはじめてもらうこと。

特に、一般論とか流行りとか、売り手側の論理じゃなく
自分にあった形で実践するには

断片的な知識ではなく、ストーリーで理解していた方が
迷ったときに
「あれ?そもそも、何のためだったっけ?」と、立ち返りやすいと思います。

今回の相続セミナーでは

たとえば、今回の相続セミナーの内容は
「生前贈与・遺言」と「不動産」の2本柱でしたが

法令通達ベースじゃ全然足りない、不動産の話に多めの時間を割きました。

たとえば

・配偶者居住権
立法趣旨は、最高裁決定(非嫡出子の取り分、実子の半分は違憲)をきっかけとした
妻の取り分確保
ただ実務上は、節税や後継ぎ遺贈型受益者連続信託的な活用が主

・生計一親族
所得税通達援用だが
所得税上と相続税(小規模宅地等特例)上の扱いにズレがある理由

・親族への賃貸借 or 使用貸借
どちらで貸すかのメリット・デメリット
取り分への影響と税への影響、適正賃料の考え方

・総則6項による否認
路線価が時価より低い理由、報道事例の問題点
3月の口頭弁論後、4月の最高裁判決後に予想されること

など

こういう制度です、適用要件はこうです、ではなく

なぜ、こういう制度ができたか
なぜ、こういう適用要件なのか
それを踏まえると、法令、通達には書かれてないけれど、実務上はどう判断するか
節税にはなるが、反面、このデメリットをどうとらえるか

など、迷ったときに立ち返りやすいよう、構成を工夫しました。

まとめ

以上、セミナー講師として話すときは
聞き手の点を線にしたい、と考えていることについて書きました。

話し手側の立場だと、途中で
「あれ?この項目、伝わりにくいかな?」と思ったとき

線に戻れば、自分の混乱が最小限で済むというメリットもあります…

-働く

関連記事

「伝えた」事実より「伝わる」努力

自分は伝えたはずなのに、相手には伝わっていなかった、ということがあります。 友人や同僚、上司、お客様などと、あとで「言った」「言わない」のトラブルにならないよう、はじめから「伝わる」努力をしたいもので …

ぜひやりたいと思うのは「ハートに火をつけてくれる」人からの仕事

仕事は平準化したいけれど、やむなく依頼が重なってしまう・・・こんなこと、誰でもあると思います。 今回、雑誌への執筆依頼が3本重なったため、うち2本はやむを得ずお断りし、他の先生にお願いしました。 ひと …

新オフィスに移転してよかったこと。想定外編

新しい場所での仕事にもようやく慣れました。 メトロの駅は不便かと思いましたが 地下鉄に乗り入れている路線も多く、意外とお客様からは好評です。 ほかにも移転前には予想していなかった、よかったことがいくつ …

ネットの海は広すぎる。だから書く・話す仕事は必要な人に必要な情報を届けるために必要

愛犬つくし(3歳半)がヘルニアを発症し、今日で4週間がすぎました。 原因が「第7腰椎のヘルニア」だと判明するまでが大変で 今の先生に出会えなければ、どうなっていたことか。 正しい情報や適切な相談先が必 …

「そんなつもりじゃなかった」と後で言わなくてすむ仕事の受け方

目次1 事前に作られたストーリー通りの話をする専門家2 依頼を受ける前に察知し、断る3 「自分の正義」を隠さない4 お知らせ 事前に作られたストーリー通りの話をする専門家 元総理銃撃事件の容疑者につい …