税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

正直でいられる。それがフリーランスでよかったこと

生きる・働く

先日、雑誌の取材を受けました。

ひととおり話した後に、記者の方から
「それは税理士としてのご意見ですか?それともFPとして、ですか?」とたずねられ
少し戸惑いました。

時と場合によって、アドバイスは変わるべき?

質問の意図が分からなくて
とっさに「福田真弓、個人としての意見です」と答えたものの

独立開業して10年超。
発言ごとの自分の立ち位置など、考えたことがなく。

取材に限らず、税務相談や個別コンサルティングなどでの
どんな質問や相談に対しても

いつも「自分がその方の立場だったら」と考え
受け答えをしていたと気づきました。

自分が当事者なら、実行しないこと
自分が家族や友人、知人からアドバイスを求められたとしたら、勧めないこと
それはもちろん勧めませんし

取材や執筆、講演でも
本心だけを、書いたりしゃべったりしていました。

それゆえに、引き受けるのをやめた仕事もいくつかあります。

だって、たとえば素人では判断できない
手術や治療法の是非を、お医者さまにたずねたとき
お医者さまが「私だったら実行しないし、私の家族なら止めますけど」と
おっしゃったら、怖すぎますよね。

ただ、記者の方が、私にそう確認したことから推測すると
自分が所属する組織や、提携先などとの関係もあり
一般的には、時と場合により、話す内容を変えるのが普通なのでしょう。

だとしたら
いつも相手の話をそのまま受け止め、それが自分のことだったらと考え
思ったことを正直に語り、専門家としての判断ができること

それができる仕事はまれで、フリーランスのよさかもなあと
あらためて感じました。

知識はいつでも学べる。でも、価値観はすぐには築けない

だから、プロならもちろん知識や経験が豊富な方が好ましいけれど
私は、それらが足りないことより
顧客への共感力や正直さが足りないことの方が、ずっと怖いし、問題だと思うのです。

なぜなら、かんぽ生命の問題からもわかるように
プロと一般の方との間には、情報量や知識レベルにかなり差があります。

そして、相談者にとって本来は不要な商品やサービスでも
それを提供できれば、プロ側の利益になることが多いからです。

知識や経験は、思い立ったらいつでも学び始め、積み重ねられます。

でも、相手の気持ちに共感し、一緒に考える力は
今までの人生で築いてきた価値観に基づくものなので
一朝一夕では身につきません。

だからこそ、どの道のプロでも
常に「自分が相手の立場だったら」と自然に考え、正直でいられることが
実は一番大事なことで

それができれば、知識や経験の多寡は
気にしすぎなくて大丈夫なのではないでしょうか。

ひとりごと

昨夜は、あるご夫婦と夕食をご一緒しました。

私が新卒でOLをしていた会社の方ですが、当時は面識がなく
知り合ったのは今から2,3年ほど前、税理士の仕事を通してです。

奥さまの頭の回転があまりに早すぎ、会話も楽しすぎ
あっという間のひとときでした。

-生きる・働く

関連記事

社長がほしい人材は「素直で打たれ強い人」

数年前、プルデンシャル生命のライフプランナーの方からのお誘いで、 若手経営者向けの勉強会に継続的に参加していました。 今週末は久々に そのメンバーとの近況報告会(と称した、おいしい中華をおなかいっぱい …

品質や価格で競わない。伸ばすのは自分の魅力

自分のパーソナリティは、生まれながらに与えられた自分だけの武器。 だからこそ、重要なのは「自分の魅力」を高める努力です。 目次1 もっと報酬を払いたい!2 「何をする人か」ではなく「どんな人なのか」で …

「割烹がえし」と「お手間とらせ酢」は15分で晩ごはんの強い味方です

「今夜は15分で晩ごはんを作らなきゃ」 そんな日は、こんなお助け調味料たちの力を借りて乗り切っています。 目次1 悩みは平日の晩ごはん2 問題は副菜3 煮物なら「味の兵四郎 割烹がえし」4 酢の物なら …

いくらブレても構わないと思う。自分の北極星に進んでるなら

一昨日の日経朝刊の一面で、あの永守さんが 日本電産・永守氏、新型コロナ「利益至上」見直す契機 ――経営者がコロナ終息後を見据えて備えるべきことは 「利益を追求するだけでなく、自然と共存する考え方に変え …

SNSとの付き合い方。自分の軸を知るため「あえて見る」手も

SNSとの付き合い方は、子供に限らず大人も悩むところです。 私は現在、こんな感じでお付き合いしています。 目次1 意外な人もSNSで気持ちが「ざわざわ」2 私も以前は試行錯誤の連続3 「ざわざわ」する …