税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

クセは活かした方がラク。髪以外も

装い 生きる・働く

風香るハイボール、ならぬ、薫風5月。
ショートヘアを堪能すべく、久しぶりにリップグロスやピアスを新調し、顔まわりのオシャレを楽しんでいます。

ショートヘアで、髪のクセをなくす→活かすへ

私の髪は、量が多くゆるいクセがあります。
梅雨~夏は、湿気でうねり広がるので、ストレートパーマをかけたり休んだりを長年繰り返してきました。

税理士証票も運転免許証も、ストレートのロングヘア。

美容師さんからは「ショートならカット次第でクセが活かせるよ」と言われていたし、街で「素敵だな~」と二度見しちゃうマダムのほとんどがショートだったし、と、思い切って決断。2度に分けて短くショートにしました。

今は、タオルドライ後は自然乾燥。そして手ぐしで整えワックスをつけるだけという、衝撃的なラクさです。私は背が平均より高いせいもありますが、顔が小さく見えるといろんな人から言われ、それもよかったことのひとつ。

白髪も出始めていたので、ハイライトも入れました。
ハイライトとは、ベースのヘアカラーの上にさらに部分的に明るい色を入れ、全体的に立体感を出すカラーリングのこと。 ベースカラー+ハイライト+白髪の三色ヘアも、お気に入りです。

でも、クセ毛や白髪は、日本人のストレートヘアや黒髪から考えたらマイナスともいえること。
それに抗い、無理に真っすぐや黒にせず、クセや白髪も「それはそれ」として受け入れ楽しむスタイルは、髪も心もこんなにラクなのか!!と驚きました。

友人は、白髪が気になり染めたものの色がイマイチだったので、逆に髪全体のカラーをかなり明るくチェンジしたら、白髪も目立たなくなったとのこと。彼女はフラメンコが趣味の欧米人風美人なので、とてもよく似合ってました。

自分のクセはマイナスじゃなく人との違い。それは大事な個性

行動のクセ、口癖、考え方のクセ、などクセにもいろいろありますが、どちらかというとプラスよりマイナスのイメージで使うことの方が多い気がします。
そして、「自分のクセ = スタンダードとは異なる自分」を変えよう、改めようとすればするほど、苦労したり疲弊したりすることってありませんか。少なくとも、私はそうでした。

でも、そのクセこそが「自分オリジナル」であり、他人との違いです。
黒髪で毛量の少ないストレートヘアの人が私のようなショートにしたら、逆に貧相に見えすぎてしまいます。

このヘアスタイルも、この言動も、この考え方も、すべて私の個性だといえます。

自分のクセは、誰かがクセづけしたいことかも

この本を読み、いくつかの習慣化にチャレンジしましたが、「こうしたい!」と思うけれどなかなかできないことを、習慣化(クセづけ)するのは大変です。

でも、誰かが習慣化したいと思っていることで、私が難なく、単なるクセとしてできていることは多々あります(部屋を整理整頓してから寝る、お菓子は買い置きしない、定期的に運動する、など)。
クセは、自分が苦もなく自然にできること。それを変えよう、隠そう、繕おうとするのはナンセンスで、むしろ活かし方を探す方が断然ラクだと思います。

また、自分の考え方のクセ、つまり、自分の思考回路のバイアスは、誰でも一度はチェックした方がよい気がします。先月、新版が発売された

こちらもおすすめ。

ひとりごと

舞台「フェードル」を観てきました。

お目当ては、主演の大竹しのぶさんと平岳大さんでしたが、門脇麦さんの演技が特に素晴らしかった!
婦人画報のエンターテイメント欄にも彼女が出ていたので、次回は彼女目当てに舞台のチケットを取りたいです。

-装い, 生きる・働く
-

関連記事

「実はこんな仕事もしてるんです」的アピールはしたくない。でも時には必要なのかも

最近、想定外の事態が続き、その収拾に多少時間を取られています。 そのうちのひとつは、顧問先の経理担当者が、上司ともめて、突然退職してしまったこと。 入力すべき仕訳は毎月2,000件弱あり、さらに振込も …

「命はないのに、あったかい」家族型ロボットLOVOTを体験しました

LOVEをはぐくむ家族型ロボットLOVOT[らぼっと]と、直に触れ合ってきました。 目次1 LOVOTとは2 LOVOTの特徴2.1 「愛される」ために存在する2.2 役にたたない・仕事もしない2.3 …

やっぱり自分が「お客さま」にならないと分からない

税務雑誌の相続特集の取材を受けました。私の担当は、「まず何から勉強したらいい?」「どうやったら相続業務の依頼がくる?」「仕事やお客様は選ぶべき?」といった、相続税のイロハのイの部分です。 その際、「通 …

「割烹がえし」と「お手間とらせ酢」は15分で晩ごはんの強い味方です

「今夜は15分で晩ごはんを作らなきゃ」 そんな日は、こんなお助け調味料たちの力を借りて乗り切っています。 目次1 悩みは平日の晩ごはん2 問題は副菜3 煮物なら「味の兵四郎 割烹がえし」4 酢の物なら …

みんな死にたくない。それは高齢者でも同じだと忘れないでいたい

事故や病気で10代や20代の人が亡くなった。 そう聞くとかわいそうだと心が痛みます。 でも、80代や90代の方の死に対しても鈍感にならないでいたいです。 目次1 コロナが怖い理由は「死」2 仕事ではい …