税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が15刷11万部になりました

お知らせ

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が なんと15刷、11万部になりました。

出版社さんが、全国各地の新聞に、広告を掲載し続けて下さっていることもあり
アマゾンの総合ランキングでも、ここ1か月間ずっと100位以内。店頭でもよく売れているそうです。

編集者さんも著者全員も、こんなにものすごい部数を経験したことがなく、ただただ驚いているばかり。
でもそれだけ、「身近な人が亡くなった後の手続き」について、
不安に思っている方が多いことの証明だと言えそうです。

私がお客様から日々受ける相談も、税金とそれ以外のことが、大体半々くらいかもしれません。
遺言、信託、後見制度に加え、資産の運用方法や財産管理、
家の建て替えや親子の同居、お嫁さんの介護の苦労、兄弟の不仲問題、子どもの暴力、熟年離婚、その他いろいろ・・・

専門家として、責任を持ってアドバイスできる範囲と
単なる一個人として話を聞き、感想を述べる範囲を切り分ける必要はありますが
お金や家族の問題は、早めに信頼できそうな第三者に相談してみて下さい。
相談されても既に手遅れ、ということが多いと感じていますので・・・。

よろしければ、ご自宅やご実家にどうぞ1冊(*^_^*)

-お知らせ
-

関連記事

Financial Adviser2015年9月号に執筆しています

昨日発売されたFPさん向けの月刊誌、Financial Adviser2015年9月号 『ワイド特集 相続・贈与アドバイス「51」の落とし穴』で 51項目のうち、以下の8項目を執筆しています。 落とし …

共著本『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が発売されます

司法書士の児島明日美さん、社会保険労務士の酒井明日子さん、そして私の3人で執筆した 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が、今週末発売されます。

HPをリニューアル。ようやくロングヘアからショートヘアへ

といっても写真を撮り直し、トップページの文字の配置を少し変えただけですが、 印象は結構変わったような気が・・・ HPは、独立した翌年に1冊目の本を出版したとき、「自分自身の表札」という意味合いで作成し …

12/7(月)生活設計塾クルーのクルーセミナーでお話します

12/7(月)、生活設計塾クルーのクルーセミナーにて 「サラリーマン家庭でも知っておきたい相続・贈与の基礎知識」というテーマで、お話をさせて頂きます。 3年連続でお声掛け頂いたこともあり、今年は少し違 …

草木萌動(そうもくめばえいずる)

今日から3月ですね。今年は花粉が多く、辛い毎日です… 確定申告は2月中にほぼ終わり、あと1件になりました。 今年は、茶道も合唱も「確定申告休み」を取らずに続けられています。 今まで繁忙期の1~3月は、 …