税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

呼値の単位変更により、上場株式の株価が円未満になることも?

相続・贈与・相続税・贈与税 マネー

相続税を計算するため、上場株式の「1株あたり株価」のデータを取得したところ
ではなく単位(小数点以下第2位)で、株価が記載されていました。

「あれ?」と一瞬思ったものの、そういえば今年の7月22日から
TOPIX100の構成銘柄の株価 には、1円未満の「呼値(よびね)」の単位が適用されていたのです。

税理士会のデータ通信協同組合から、お知らせFAXが届いていたような・・・(^_^;)

「呼値」とは、株式や債券などを注文する際の値段のこと。
呼値の刻みは、各銘柄の株価の範囲によりますが、従来は、1円未満になることはありませんでした。

これが、TOPIX100の構成銘柄は、 1,000円以下の値段帯で0.1円
1,000円超3,000円以下の値段帯で0.5円に変わっています。

※ただし、売買単位は100株又は1,000株なので、
1株あたりの株価に1円未満の端数があっても、実際の売買代金に1円未満の端数は生じません。

呼値の刻みが細かくなれば、
成行で買い注文するなら、200円と201円の間の価格でも売買が成立し
買い手にとっては、より低い価格で買えるというメリットあり。

また、指値で注文するなら、円未満でも買い注文が入れられるので、
様子を見つつ臨機応変に指値を選べます。

ただし、あくまでこれは株式を売買する場合の話。

相続税の計算上は、国税庁から公表されている上場株式の評価明細書
「各欄の金額は、各欄の表示単位未満の端数を切り捨てます。」と、いまだ書かれています。

各欄の表示単位はのため、評価明細書に従えば、従来通り、円未満は切り捨てるしかありません。

これ、今後どうなるのかな・・・

-相続・贈与・相続税・贈与税, マネー

関連記事

認知症サポーターになりました

新宿区の認知症サポーター養成講座を受講し、晴れて「認知症サポーター」になりました。

税理士に払う相続税申告報酬に決まりはある?

基礎控除額が引き下げられたことにより、平成27年の相続税の納税者数は、前年の1.8倍にも増えました。 でも、相続税申告を税理士に依頼するといくらくらいかかるのか、不安に感じる方も多いようです。 ※代々 …

マイホーム購入資金を援助してもらうなら、贈与と借入どちらが得?

今朝の日経新聞に 「住宅資金贈与の優遇拡大、国交省、非課税3,000万円枠」 という記事がありました。 両親や祖父母からマイホームの購入資金を贈与してもらうなら、 今年中なら、省エネ住宅は1,000万 …

医療法人の相続税の納税猶予、活用の検討も

今日は新宿にて、日本生命さんの講演でした。税理士さんなどの保険代理店様と一般のお客様、合わせて100名ほどの参加者だったとのこと。今年一番の猛暑の中、ご参加頂きありがとうございました。 また、昨日発売 …

相続税申告書、マイナンバーの記載がいるのはいつから?

昨年(平成28年)より、税務関係書類へのマイナンバーの記載が、既にスタートしています。 と同時に、申告書提出時、税務署の窓口では、 ・ 申告書に記載されたマイナンバーが正しいかの「番号確認」→通知カー …