税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

初金継ぎから学んだこと。何でも壊れる。だから繕う価値がある。

「生きる」を楽しむ

金継ぎとは

欠けたり割れたりした器を「漆」で接着し、その部分を「金」で装飾する、室町時代から伝わる器の直し方です。事務所近くの器やさんで開かれているお教室に、初めて参加しました。

小さいころから、図工や美術の成績はかなり残念な私。なので、もちろん躊躇はしたものの、「割ってしまった器をどうすればよいか?」は、我が家が抱える大問題。

(飲んべえ女性なら分かってもらえるのですが) 仕事を終えて自宅へダッシュし、晩ゴハンを作って晩酌してから器を洗うと、「疲れ+酔い」で手が滑り・・・。ガシャン!とかパリーン!とまではいかなくても、カツンと蛇口に器が当たり、「あっ!!」ということは日常茶飯事。
食洗機を使えば被害は最小限になりますが、清水焼や漆器は手洗いするため、大切な器ほど逆に割ってしまうリスクが高いのです。

初金継ぎ教室では

という訳で、そうやって小さな欠けが生じた器を、初金継ぎには持参。

本漆を使って繕う方法は、漆が乾くのに数か月かかり難易度が高くなります。よって初心者は、エポシキパテ(新漆)という速乾性のあるパテで欠けた部分を修復し、一心不乱にやすりをかけて表面をならし、透明漆と真ちゅう粉、薄め液を混ぜたものを筆にとり、修復した部分の上にポッテリ置けば・・・出来上がり~

外側からは金が見えますが

内側からはあまり見えません。

お茶のお稽古友達は、お茶の先生から頼まれた、桃色の楽の筒茶碗を数か月かけて修復中。まっぷたつに割れているため、かなり難しそうでした。

新品の器より大切にしたくなる理由

繕い終えた器を箱に入れ、日傘もささず、両手で箱を抱きかかえて帰宅。その後もしばらく、繕った器を手にニマニマ。そんな自分の「器に対する気持ち」を数値化すると
・ 買ったばかりの器 100
・ 既に食器棚にある器 80
・ 欠けてしまった器 (欠けやにゅう(ヒビ)の程度とはいえ) 5~20
だったのに、自分が金継ぎして繕った器は120くらいに感じるのが不思議です。

でもこれって、器だけじゃないのかな?

私は、過ぎたことや自分の努力ではどうしようもないことを、ウジウジ悩むのが苦手。今までは、何でも自分の手で潔くケリをつけることに重きを置いていました。

「繕う(つくろう)」というと、「取り繕う」のように、「その場をうまくごまかす」とか「外見だけ飾る」のように、あまりいい意味には聞こえません。でもこんなに小さな器でさえ、割れても捨てずに繕えば、むしろ前とは違った景色が見え、割れ目が時を重ねた証にも思えます。
物以外、例えば「夫婦」の関係や「会社(の社長や上司、同僚など)」との関係も、ヒビや欠けは簡単に入るけれど、手間と時間をかけて繕えば、きっと違う関係性が築け、景色が変わったのでしょう。
もちろん粉々に割れれば修復は不可能ですが、何でも切捨御免!だったのも・・・ (^_^;) と反省しました。

先生方が金継ぎすると、こんなに素敵になりますので、私も月に1回、通い続けてみます。

飲み口が欠けたグラス→金継ぎをした上に、さらにブドウのグラスマーカーをオン、とか

破片がない部分をガラスで継いだ「呼継ぎ」とか

半分ずつ割れたものを継いでセットにする、とか

ここまでいくと、芸術品です。

-「生きる」を楽しむ

関連記事

今年の目標「やれることはやれる、やれないことはやれない、と悟る」

松の内を過ぎ、お正月飾りもはずした後ですが…本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 身近な人が亡くなった後の手続のすべて posted with ヨメレバ 児島 明日美,福田 真弓,酒井 明日子 自 …

犬のいる生活を送る幸せ

子犬を家族として迎え、3か月弱が過ぎました。 わが家のつくしは、もうすぐ生後7か月になります。 仕事と家事(と趣味)の生活に、つくしの世話が加わりてんてこ舞いでしたが、今はホントに楽しく毎日幸せです。 …

「身近な~」本、50万部を突破しました

9月になってしまいました\(◎o◎)/! 夏は、税理士業界的には閑散期のはず。 でも、今年は税務調査が多く、また先月末から子犬(超おてんば娘のつくし♀)も家族に加わり なんだか毎日、都内のあちこちを走 …

2017年、あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 ※ 津の森坂小柴さんにお願いした今年のおせち 年末年始の休暇中は、忘年会、お墓参り、自宅の大掃除(事務所は時間切れのため未着 …

広島と岡山。都会と自然をあわせ持つ場所の速度

GW前半は、夫の古くからの友人達に会うため、広島へ。 しまなみ海道を車で案内してもらい、生口島の平山郁夫美術館を訪ね(小学生時代の絵の上手さに驚き)、 タコめしを食べ(小さな食堂でしたが、あまりに絶品 …