体調や気分が下り坂のときの立て直し方

生きる

50歳になりました。

年齢欄に「50」と書くとき
まだ慣れなくて、「おー50!」と心の中でつぶやいてしまいます。

年相応に体調や気分の良し悪しはありますが
やれば気持ちが上向くことがいくつかあるので、日々それで自分を立て直しています。

※温泉とビールに、原田マハさんは正義。

歌っていれば、基本幸せ

大学院進学で合唱は辞めてしまいましたが
税理士の綾野真紀さんが、趣味でボーカルスクールに通っていると伺い

私も無性に歌いたい気持ちが再燃…

晩ごはんを作りながら歌うだけでは、飽き足らず
真似して通い始めてしまいました。

上手い下手はさておき、好きなことはやってるだけで
自然とうれしさが心の底からフツフツと湧き上がるから不思議。

やっぱり歌うのは好き。
YouTube Musicで、レッスンしてみたい歌をいろいろ探してます。

お風呂と本さえあれば、何時間でも

あとは、お風呂と本ですね。

普段は自宅のお風呂、旅行先なら露天風呂や屋外プールで
できたら小説を読みたいけれど、実務書でも活字が読めればOK。

それだけでいくらでも、ひとりで楽しめます。

ただ、真夏のベトナムで
ガゼボで読書→プライベートプールに入る→ガゼボで読書…を数時間繰り返し
熱中症チックになったり

先日も、せっかく母と旅行したのに、夜、ひとりで本に没頭しちゃったり(ゴメンね)

反省することも多いものの

ビジネス的に、アウトプットのないインプットはムダだと言われたりもしますが

私は、本で得たものが積み上がっていくほど
自分が自分として生きるのが楽で幸せになるので、それでいっかなーと思ってます。

掃除と整理整頓は無心になれる

ミニマリストじゃないですが、モノを捨てるのはかなり得意です。

転勤族育ちだからかも…

特に、服や本は
売るものと捨てるものを分けて手続きするだけで、超達成感があります。

ただ、掃除と整理整頓は無心になってやりすぎると
試験直前に机を片付ける学生さんみたいになってしまうので、忙しいときには慎みます。

自分のご機嫌は自分で取れるように

なんだかひとりでできて、お金のかからないことばかりですが

でも大事なのは、自分のご機嫌を自分でちゃんととれるようになることだと思うので
ひとりでできることの方が、むしろいいのかもしれません。

機嫌の悪さを人にぶつけて、それで相手を操る人を見るたびに
いやだなあ、幼稚だなあと思う反面

気を抜くと自分も家族に対しては、甘えてついそれをやってしまい、反省するので。

-生きる

関連記事

必要かもしれないことはしなくてよいこと。パスする勇気をもとう

税理士は年36時間の研修受講が義務ですが 限られた時間の中で、何を学び、何をパスするかの選択が難しいところです。 日々の仕事もあるし、民間の研修や本で勉強する時間も確保したいし。 ただ、私は研修に限ら …

暑さに備えた体力づくり

けっこう早寝早起きだし、暴飲暴食もほとんどせず。 20~30代の頃よりずっと健康的な生活を送っているのに、なぜか疲れやすくなったな~と感じていた今日この頃。 パソコンに向かっても、本を読んでも、肩が凝 …

反骨心の先にあるもの

税理士試験は8月初旬。 この時期になると、自分が受験生だった頃を思い出します。 「反骨心」のかたまりでした。 目次1 初日に3科目受験2 反骨心の先にあるもの3 感情を大事に 初日に3科目受験 税理士 …

頼ってほしい人に頼ってもらうには

頼ってほしい人に頼ってもらえるよう 来年からはためらわずにもう少し、おせっかいおばさんになろうと思います。 ↑季節によって変わるまる富さんのメニュー。ハンコ(篆刻)は夫の作 目次1 何を頼めるのかが分 …

アラフォー後半。新品に買い換えられない「自分の体」とのつきあい方

IT機器が壊れたら、確かにブルーにはなりますが それも最新機種に買い換えるチャンスだと、前向きに楽しめます。 でも、絶対に不可能なのが「自分の体」の全とっかえ。 アラフォーからアラフィフに差し掛かり、 …