税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

家事代行サービス費は経費

税・お金


※シェアダインの作り置き

会社員の働き方も自由度が増している

Big4時代の友人と、久しぶりにランチをしました。

20年前の当時、繁忙期は深夜1時2時まで働き、帰宅はタクシー。
翌朝はまた満員電車に揺られて出社、という日々を送っていましたが。

今はリモートワークが中心になり、出社は週1,2。
時間の融通もかなりきくようになったとのこと。

場合によっては育児をしながら、スマホでオンライン会議にも出るそうで。
大手の税理士法人に限れば、働き方の自由度はだいぶ増しています。

これなら育児や介護を担うことになっても
辞めずに勤務税理士(会社員)のまま働き続けられそうです。

家事代行やシッター代は経費になるか・会社が負担すべきか

ただ、場所を限定せず、どこでも自由に働けるとなると

・フリーランスは「どこまでが経費になるか」
・会社員は「在宅勤務の費用を会社が負担したときの給与所得課税」

の問題が生じます。

基本的には

・収入を得るために直接要した費用かどうか
・実費相当額を精算し支給しているか

で判断するとはいえ。

そもそも、この法律上の考え方自体を、変える時期なのかもしれません。

10年ほど前、日本税務会計学会の研究会に出席したとき
「女性の開業税理士が、自宅で行う家事や育児を外注した費用は
収入を得るために直接要した費用(=経費)になるのではないか」
と発言した方がいて。

内心は拍手喝采!でしたが、斬新すぎるよね、とも思い。
ただ、発言者が高齢の男性の先生だったので、先進的な方だなとよく覚えています。

でも、10年たち、コロナを経た今では

・事務所は別にあるけど、自宅で仕事もかなりしている。この自宅の掃除を外注したら?(私)
・夫婦テレワークで子どもの授業もオンライン。ランチづくりや学習サポートを外注したら?(友人)

は、斬新でも何でもなく。

働くための環境整備に必要な費用として
経費か、会社が負担すべきかは、普通に議論できるテーマに変わっています。

ワークとライフ、事業用と家事用の境は、なくなりつつある。

なのに、古い定義(法)を無理に現状にあてはめようとするから
「どこまで経費にしてもOK?」といった、法の抜け穴を探すような議論が生じるのかもしれません。

シェアダインを利用してみた

で、先日、つくりおきサービスのシェアダインを利用してみました。

きっかけは、外資系金融に勤めている大学院同期が利用したと聞いたから。

会社の福利厚生で、補助が出るそうです。
人事戦略のひとつとはいえ、うらやましい。

わが家は夫婦2人なので、作って頂いた量で5日間、晩ごはんの支度いらずでした。

来て下さった方は、元フレンチ勤務(コロナで店休業)とのこと。
素晴らしく美味で、冷凍法やリメイク法まで、あれこれ教えて頂きました。

消費税と交通費込みで、2時間12,100円。

私にはどこからも補助はでないし、経費にもならないけれど
仕事と研究ははかどりますので、12月中にリピするかも、です。

まとめ

以上、元同僚とのランチ時の会話から
家事代行サービス費は、当然経費だよね(私の気持ち的には)と思ったことについて書きました。

やさしい必要経費の知識
在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ(源泉所得税関係)

-税・お金

関連記事

配当所得の住民税申告不要、令和3年分からは所得税確定申告書で選択できます

目次1 配当所得への所得税・住民税の課税方式2 配当所得、申告する・しないの損得は3 所得税確定申告書第2表に記載欄が新設4 将来的には、所得税と住民税で別の課税方式を選べなくなる5 まとめ 配当所得 …

つい忘れがち。離婚に伴う税金について

今日8/20(水)の日本経済新聞 マネー&インベストメント【熟年離婚 妻の取り分は?】でコメントしています。 離婚に伴う税金は、養育費や親権、財産分与、年金分割、社保負担など 他の論点に比べ重 …

「高すぎる」「関係なさそう」な経費はダメ?

先週は丸2日間、顧問先法人の税務調査に立ち会いました。 実地調査は一応終わり、今後は税務署の指摘事項につき、やりとりすることになりそうです。 土曜に受講した、都築法務税務会計研究グループの研修テーマは …

中小企業かどうかは資本金次第。「大きな中小企業」もあり得ます

有名企業の「社名の由来」がまとめられている小冊子を頂きました。 キャノンは「観音」、カルビーは「カルシウム&ビタミンB1」、ダスキンは「ダストクロス(英)&雑巾(日)」 ふんふんと読みつつ、有名企業の …

マイナちゃん ♪ もうすぐはじまります

新聞の折り込みチラシに、マイナンバーの政府広報が入っていました。 来年の平成28年1月から、マイナンバーの制度がはじまるのに、 内閣府の調査では、マイナンバーのことを知っていると答えた人が、全体の30 …