税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

メディア掲載情報

お知らせ

年明け以降のメディア掲載情報です。

メディア掲載情報

日本経済新聞 2020年2月29日朝刊

死亡保険金の受取人や契約者の変更について
Money & Investment 「その財産、名義変更で守る」で、取材協力及びコメントしています。

読売新聞 2020年2月13日朝刊

安心の設計MONEY 「信託銀行の遺言代用信託 老後の生活と遺族支える」で
信託銀行の商品について、取材協力及びコメントしています。

信託銀行の遺言執行サービス(公正証書遺言の作成サポート+財産の名義書換)については
否定的な士業もいて

「父の相続では父が頼んでいたから使ったけれど、母の時には頼まないつもり」
とおっしゃるお客さまも多いです。

確かに安心料とはいえ
特殊なケースを除けば、業務の手間や難易度に比べて費用が高いかな、と。

それに、財産額や家族構成など、多岐にわたる情報を特定の銀行に知られてしまい
結果として不必要な商品の購入を勧められがちです
(不動産、ファンドラップ、投資信託、生命保険、国債など)。

ただ、三菱UFJ信託銀行の『ずっと安心信託』のような
信託本来の効果を生かした遺言代用信託のサービスは
「死ぬ準備ではなく、よりよく生きるため」という観点からも、利用価値ありだと思います。

ハルメク 2020年3月号

「今すぐできる年金生活で得する知恵」に、取材協力及びコメントしています。


ハルメクHPより引用

サンデー毎日 2020年3月8日号

「ケース別相続の鉄則/4月から配偶者居住権スタート!」に、取材協力及びコメントしています。

4月から配偶者居住権がスタートし遺言にも反映できるので、それに関する質問が増えています。

「自宅が都市部の戸建て・家族円満・同居の子あり」といったケースでは
二次相続時に相続税がかなり得になるので、私も該当しそうなお客様には必ず説明・試算しています。

サンデー毎日 2020年2月9日号

「ケース別相続の鉄則/事実婚やLGBTは? 義父を介護したら?」に
取材協力及びコメントしています。

ひとりごと

頂いたハルメクをパラパラ見ていたら
「パリの60代・70代に学ぶ 自由で素敵な暮らし方」という記事がありました。

緑やヴィンテージ家具に囲まれた、心地よい暮らし・・・
憧れです(遠い目)

でも、フランスマダムも背中の痛みを和らげるため、自宅ではバランスボールに座っていました。
これは万国共通。

あたらしいこと

週刊東洋経済 初対面の記者さんと打合せ

明治安田生命 WEBページ取材

ケサランパサラン 眉デザイン

土鍋炊ごはん なかよし 目黒店

-お知らせ

関連記事

共著本『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が発売されます

司法書士の児島明日美さん、社会保険労務士の酒井明日子さん、そして私の3人で執筆した 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が、今週末発売されます。 ●福田真弓プロフィール ●個別カウン …

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』の新訂版、2020年10月3日発売です

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』新訂版 コロナの影響で発売が延期されていましたが、2020年10月3日に発売されることになりました。 ※以下は旧版になりますので、できればお買い求めにならないよ …

very goodじゃなくgood enoughでいい

目次1 very goodじゃなくgood enoughでいい2 お知らせ3 ひとりごと very goodじゃなくgood enoughでいい 先週、大学院で 「アサーション・トレーニング(自分も相 …

週刊東洋経済の最新号に執筆しています

今日発売の週刊東洋経済最新号に、「ケーススタディで見比べる 相続対策損しないコツ」を執筆しています。 私が執筆した全4ページは相続税の話がメインですが、今回の誌面では、 身近な人が亡くなった後の手続の …

生前贈与の遺産への持戻し、10年限定になったのは遺留分侵害額の算定だけ。相続分は違います

週刊朝日2019年11月8日号 「きょうだい格差が招く相続トラブル」に取材協力・コメントしています。 兄弟格差は、相続争いの永遠のテーマですが 「過去どのくらい前までの生前贈与を、親からの遺産の先取り …