税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

雑誌掲載のお知らせ

お知らせ

雑誌掲載のお知らせです。

週刊東洋経済 2019年4月27日・5月4日合併号

週刊東洋経済の最新号、「実家の片づけ 激変する相続 死後の手続き」に取材協力しています。

自宅を売るときにかかる所得税と住民税について、
「居住用の3000万円控除」と「空き家の3000万円控除」の違いについて解説しました。

合併号なので通常より長い2週間、店頭に置いて頂けるようです。

かんぽ生命のかんぽプラチナサービス 総集号

また、かんぽ生命のかんぽプラチナサービスの総集号「人生100年時代の生き方」では
相続のテーマで取材協力しています。

事務所最寄りの麹町郵便局にも、置いてありました。

どちらもご興味のある方は、お手に取って頂けたらうれしいです。

ひとりごと

明日からは10連休。せっかくですからお天気に恵まれるといいですね。

わが家はおそらく、事務所に来ないのは2,3日程度かな。
ほぼ通常営業ですが、お客様への対応がない分、こまごまとした作業を進められそうです。

ただ、5/5はつくしの3歳の誕生日。

そこだけは休んで遊んであげないと、留守番続きで、嫌われちゃいそうです。

-お知らせ
-

関連記事

日税ジャーナル最新号にインタビュー記事が掲載されています

media税理士が、お客様の口座から顧問料を自動引き落としさせて頂く際 通常、税理士協同組合の「報酬自動支払制度」というものを利用します。 この制度を利用中の先生に届く「日税ジャーナル」に、 インタビ …

生前贈与の遺産への持戻し、10年限定になったのは遺留分侵害額の算定だけ。相続分は違います

週刊朝日2019年11月8日号 「きょうだい格差が招く相続トラブル」に取材協力・コメントしています。 兄弟格差は、相続争いの永遠のテーマですが 「過去どのくらい前までの生前贈与を、親からの遺産の先取り …

新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」は12/20発売です

目次1 12/20発売 新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」2 「自分でできる相続税申告」をブログで紹介して下さいました3 ひとりごと 12/20発売 新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべ …

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』の新訂版、2020年10月3日発売です

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』新訂版 コロナの影響で発売が延期されていましたが、2020年10月3日に発売されることになりました。 ※以下は旧版になりますので、できればお買い求めにならないよ …

Financial Adviser2015年9月号に執筆しています

昨日発売されたFPさん向けの月刊誌、Financial Adviser2015年9月号 『ワイド特集 相続・贈与アドバイス「51」の落とし穴』で 51項目のうち、以下の8項目を執筆しています。 落とし …