税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

『ダイヤモンドセレクト2019年12月号相続&事業承継決定版』にインタビュー記事が掲載されています

お知らせ

ダイヤモンド社さんが不定期に発行している
『ダイヤモンドセレクト 相続&事業承継決定版』にインタビュー記事が掲載されています。

相続特集は、毎年発売されているそうですが
今年は年金や介護といったFP分野の記事もあり、興味深く読めそうです。

変わりつつある相続への備えについて話しました

当初は、文章のみ・写真なしの取材予定でしたが
(他の税理士さんが、有料で広告を出していることへの配慮)
「バランス的に、先生の写真もあった方がよさそうなので」と言われ
最終的に写真入りになりました。

取材時に「子の相続対策より、まず親の生存対策でしょ!」と熱く語ったからでしょうか…

記事では記者さんが

「昔の遺産分割対策や相続税対策を相続1.0とするなら
現在は、家族信託や後見人制度の活用も必要な相続2.0の時代だ」と
かっこよく書いて下さいました。

ただ、私の主張はいつも同じで

相続を、単に親が死んだ後の財産の話と狭くとらえず
老いた両親・兄弟、そして自分が、今後ずっと豊かに幸せに暮らせるよう
財産・収支・人的サポート・住まい方などをトータルにじっくり考えてほしい

ということだけです。

テクニカルな話は、各分野のプロがいくらでもサポートできますが
自分や家族の人生のグランドデザインは、当事者にしか描けません。

それがあっての、信託や後見や遺言や節税、ですから。

税理士向けの冊子で税理士になったきっかけや今の仕事について話しました

また、税理士法人レガシィさんのレガシィクラウドにも、インタビュー記事が掲載されていました。

夏ごろ、税理士向けの冊子に載った記事の転載です。

事務所にいらしたレガシィのスタッフの方が、以前は旅行雑誌を作る仕事をされていたと聞き
その話を楽しく伺いました(なので、私はあんまり大した話をしてません…)

ひとりごと

相続税申告用のブルーマップを取得するため、国会図書館へ。
夏より今のシーズンの方が空いているような気がします。

-お知らせ
-

関連記事

共著本『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が発売されます

司法書士の児島明日美さん、社会保険労務士の酒井明日子さん、そして私の3人で執筆した 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が、今週末発売されます。 ●オフィシャルサイト ●プロフィール …

日税ジャーナル最新号にインタビュー記事が掲載されています

media税理士が、お客様の口座から顧問料を自動引き落としさせて頂く際 通常、税理士協同組合の「報酬自動支払制度」というものを利用します。 この制度を利用中の先生に届く「日税ジャーナル」に、 インタビ …

HPをリニューアル。ようやくロングヘアからショートヘアへ

といっても写真を撮り直し、トップページの文字の配置を少し変えただけですが、 印象は結構変わったような気が・・・ HPは、独立した翌年に1冊目の本を出版したとき、「自分自身の表札」という意味合いで作成し …

今日4/1からスタートする配偶者居住権。週刊東洋経済に原稿を執筆しています

今日、令和2年4月1日以降に亡くなった方の遺産分割や、今日以降に作成する遺言から 「配偶者居住権」の利用が可能になりました。 ちょうど私も以下の媒体で、原稿執筆や取材協力しています。 目次1 配偶者居 …

Precious電子版に記事が掲載されています

とある試験を受けるため、夏休みを取っている間 Precious電子版に記事が掲載されていました。 遺言、どうしていますか? 「夫の死後、ほとんど会ったことのない姪から遺産を請求されて困っています」 【 …