税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

テレビメイクのポイントは「色より影」

学ぶ・楽しむ

長年やっても、ちっとも上手くならないのが「お化粧」です。
18歳から43歳まで、365日×約25年=9,125回もしているというのに・・・。
かといって、メイク雑誌を買って勉強するはずもなく、今や美容院で美的やVoCEを手渡されることもありません。
せいぜい、VERYかSTORY(>_<)

が!

先日、久しぶりにテレビに出て、いわゆるテレビ用のメイクをしてもらい
※ジャパネットたかたの通販番組を兼ねた情報番組だったので、それほど緊張しなかったということもあり


引用:テレビ東京「なないろ日和!」番組公式サイトより

テレビ東京のメイク室でじっくり観察してみたところ、 どうやら「影をしっかりつける」ことがポイントのようでした。

テレビメイクの方がしっかりメイクだった点

アイライン

かなり濃く、しっかり入れています。
特に、自分で入れるときはおろそかになりがち「目頭」は、「特殊メイク?」というくらいガッツリ入れられました。

(おそらく)画材用のエボニーペンシルで、女優眉のようにしっかり書いています。
私は眉がある方なので、普段は書かず、せいぜい髪の色に合わせてブラウンの眉マスカラをつけるくらいですが、眉の有り無しはあまり考慮されていないようでした。

むしろ普段の方がしっかりメイクかも、だった点

マスカラ

DHCの1,000円台のものを、「どうぞ」と手渡され、自分でササっとつけただけでした。
普段は、ランコムのものをしっかり重ね塗りしていますが、プチプラもの1回塗りでも十分だと気付きました(出演後、即買い)。

口紅

こちらもリーズナブルなワセリンリップを塗っただけ(確か日テレのメイク室でも同じもの)でした。
そのままリハーサルに出てしまい、本番前にメイクさんがピンクベージュの口紅を軽く塗りに来て下さいましたが。

普段メイクに生かせる?

アイシャドーもチークもすごく薄めでしたが、やはり入れ方が素人とは全然!違います
(その日は「チークが違う!!」と何人かに言われたくらいです)。

色を使いすぎると、どうしてもお化粧が濃く見えるので、
「色は控えめに、そして影で立体的に」がテレビメイクを参考にした普段メイクの理想でしょうが、それにはやっぱり薄付きでもステキに見える腕が必要なのかも?

終日、この濃いメイクの状態だったので、午後、来客にいらしたお客様はさぞビックリだったと思います。

-学ぶ・楽しむ
-

関連記事

いつまでも夫婦で旅を楽しむための5条件

仕事が納まったら年賀状を書くつもりが、結局納まらないまま、旅立ってしまいました。 変わらず元気にしておりますので、今年もよろしくお願いします。 目次1 いつまでも夫婦で旅を楽しむための5条件1.1 1 …

和食のマナー、ポイントは箸使いの美しさ

今さら人に聞けない「和食のマナー」 私もきちんと教わったのは、茶道のお稽古を始めてからです。 お茶事のお稽古で、茶懐石を頂く際に周囲の方から教わりました。 目次1 和食のマナー、最大のポイントは「箸使 …

広島と岡山。都会と自然をあわせ持つ場所の速度

GW前半は、夫の古くからの友人達に会うため、広島へ。 しまなみ海道を車で案内してもらい、生口島の平山郁夫美術館を訪ね(小学生時代の絵の上手さに驚き)、 タコめしを食べ(小さな食堂でしたが、あまりに絶品 …

初金継ぎから学んだこと。何でも壊れる。だから繕う価値がある。

金継ぎとは 欠けたり割れたりした器を「漆」で接着し、その部分を「金」で装飾する、室町時代から伝わる器の直し方です。事務所近くの器やさんで開かれているお教室に、初めて参加しました。 ●福田真弓プロフィー …

ウィーン・フォルクスオーパーとあるご夫婦

日曜は午後から上野へ足を運びました。 数時間待ち?の若冲展や、国立西洋美術館の世界遺産登録のニュースのせいか、普段以上の人出に感じます。 でも、GW中にカラヴァッジョ展には足を運んだので、今回はパス。 …