税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

女性税理士の利点

生きる・働く 税理士

弁護士の関根稔先生が、昨日ブログにこんな記事を書かれていらっしゃいました(以下、抜粋)。

女性税理士の利点

1 経営成績が悪くても、女性税理士に示すのなら恥ずかしくない。
2 そもそも細かい数字の仕事は女性に向いている。
3 税理士が女性だということで税務調査のデメリットはない。
4 事務所の規模や、売上などで同業者と競う必要も無い。
5 女性を軽く見る経営者もいるが、男税理士も経営者とトラブルを起こす。
6 同じ職業に就いたら、男より、女性の方が優秀なのはどの業界も同じ。
7 女性に対して寛容という社会一般の優遇的視点がある。
8 子育てと両立させる意味では、他の職業に比較して格段に良い立場にいる。
9 男が2000を稼いでも女性なら800で満足できる心理的な気楽さ。
10 男税理士の競争相手は多数だが、女性の税理士は競争を意識せずに済む

女性税理士としての実感

2、3、4、7、8、9、10あたりは、間違いなくそう感じます。

男性税理士の方がよくおっしゃっているような、 小規模な事務所で恥ずかしいとか
お客様に自分でお茶を入れるのは嫌だとか、そういった気持ちはまず抱いたことがありません。

そもそも、売上は「1顧客あたりの単価×お客さまの数」であり、
直接原価のない税理士業は薄利多売さえしなければ大丈夫。
自分の稼働に見合った報酬がきちんともらえれば問題ありません。
さらに、利益は「売上-経費」ですから、従業員(給与という経費)は少ない方が利益が増えます。

ただ、大規模事務所であることを売り(ブランディング)にし、報酬を他より高く設定するという選択は
(資産税なら)アリだと思います。

独立開業している立場で感じる女性税理士の利点

さらに、「独立・開業している」女性税理士という立場で、助かっている点は

・ 不動産投資や金融商品の販売や、各種代理店や業界団体への加入など、様々な勧誘を受けた際、
「女性なので(こじんまりやってます)(あまりガツガツ儲ける気はありません)」と言って断ると
すんなり納得し、引き下がってもらえるところ
・ 飛び込み営業や営業電話で「所長は外出しております」と事務員のふりをして断れること

など(笑)、ささいなことですが、断り下手でも 相手に不快な思いをさせずに断れるのは、非常に楽です。

女性だからといって門戸を閉ざされたり、逆に担ぎ出されたり
時代の風はその時々によって変わることを、自分自身実感していますが、
性別問わず大切なのは、着実に目の前の仕事やお客様に向き合うことかと。

もう5年以上前ですが、こういった本へ執筆したことも、今は懐かしい思い出です(^^ゞ

**********

先週末は、お茶の先生のお宅で朝茶事のお稽古でした。
茶懐石は赤坂の帰燕さん。奥様が同じお稽古にいらっしゃっています。
いつも通りおいしいけれど、朝茶事だから量が少ない~という女性陣の弁でした。

5月から、茶室は炉から風炉に変わりましたが、着物は一応、5月はまだ袷です。
気温はやや低めでしたが、炭の近くの正客さんは、暑くて大変そうでした。

明日より6月。着物も単衣に変わります。
梅雨空も近づきますが、一応私は誕生日月なので…それなりに楽しみです。なんやかんやと。

金継ぎの器もだいぶ増えました(^^;

-生きる・働く, 税理士

関連記事

学生時代の「就活ノート」を読んでみた。得意より苦手、好きより嫌いを探す方が楽

今日は、平成26年の路線価の公表日です。 国税庁HP 路線価図・評価倍率表 「路線価図」は、相続税や贈与税の計算上、土地の価額がいくらなのかを求めるときに使うもの。 道路ごとに、その道路に面する土地の …

「女性差別」は過去のもの?

東京医科大学のホームページには、一番最初に 「深い教養と豊かな人間性を備えた“最高水準”の医師を育成します」と書かれていました。 でも、この大学が育成する“最高水準”の医師は、主に女性と4浪以上の男性 …

「ひとり仕事」は厳しさもやりがいも。だから楽しい

自宅と事務所、両方から行きやすいので、よくお邪魔している懐石料理のお店、 はらまささん。 ご主人の原さんが、ひとりで切り盛りしています。 今年の初め、ご主人が自転車での通勤途中に転倒、足を骨折し、お店 …

「日経モーニングプラス」に出演しました

「あっ」という間と言いたくないけど、あっという間。忙しくも学びの多い1月でした。 目次1 テレビ出演2 講演3 未来経営塾 冬合宿・プレセミナー テレビ出演 先週、BSジャパン「日経モーニングプラス」 …

誰もが支え手となれ、誰もが必要な時に支えてもらえる社会

「人は誰でも、ある日突然支えられる存在になる。 それまで無意識のうちに、仕事をし家庭を営む自分を支える側だと思っていたが、その状況は一瞬で変わった」 数か月前、日経新聞の夕刊で目にした、元厚労事務次官 …