税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

専門家の書く相続本はなぜ読みにくいのか

相続・遺言・遺産分割

FPさんが書いた、相続本のゲラチェックを終えました。

5/8の校正期限までに、ゲラを編集者さんに返送でき一安心。
読みやすくあったかい文章で、私の母世代の女性が読むのにピッタリの本でした。

今回のゲラがとても読みやすかったので
「相続や相続税に関しては、弁護士や税理士などの専門家【ではない】人が書いた本を読む方が
普通の人は理解しやすいのでは?」と、改めて感じました。

それがFPさんの存在意義かもしれません。

専門家の書く文章はなぜ読みにくいのか、その理由を考えました。

理由1 専門用語や厳格な解釈にとらわれすぎる

税理士以外は知らなくてもかまわない、細かい税金の決まりは多いです。

また、税務の判断は「条文→判例→立法趣旨」の順で考えるので
条文上OKだからといって、必ずOKだとは限りません。

そう考えれば、税理士が書く本や話すセミナー内容も
条文の厳格さにこだわりすぎる必要はないと、私は普段考えています。

個別の事案は、税務署か税理士に必ず事前に相談を!

なのに、いざ自分が人の文章をチェックすると、ついチェックマンになってしまいます(>_<)

たとえば、小規模宅地「等」の特例は、被相続人の自宅の土地が8割引になる特例です。
この「等」は、借地権などを含むという意味なので、省くことはできません。

また本当は、被相続人「等」の宅地が対象であり
この「等」も「生計一親族(たとえば子)」を表わしているため、省略してはダメなのです。

来年から上限面積が330㎡に拡大され、親と子の自宅を両方、8割引にできるケースも増えそうです。
8割引になるのが被相続人の自宅だけではないことは、税理士なら必須の知識です。
でも、普通の人にとっては、どうでもいいことでしょう。

その道に詳しい専門家が書けば書くほど、普通の人には難しすぎる文章になってしまいます。
オーバースペックは、おそらく求められていないのにもかかわらず・・・

理由2 読者が何について分からないかが分からない

自分のセミナーや本について、一般の方から質問を受けて初めて
「あ、そこから説明すべきだったのか」と気づくことがあります。

相続なら、相続税以前の話である民法について。

例えば、相続人の判定誤り、遺言書と遺産分割協議どちらが優先するか、
相続・遺贈・死因贈与の違い、法定相続分と遺留分の違い、などです。

普通の人の目線に立ち、できるだけやさしく説明しているつもりでも、やはり専門家はズレています。

そのことに気づきにくいため、自分の話や文章のどこが相手に分かりにくいのかさえ
そもそも分かっていないのです。

理由3 宣伝や顧客獲得が目的になりがち

ある金融機関の方が「顧客を獲得するには、セミナーや無料相談に来た客に解決策を述べてはダメ。
トラブル事例を紹介し、問題点を専門用語をちりばめて指摘するに留めれば、
あとで『あのときの話の続きを教えて。うちはこういう状況なんだけど』と、案件の受注につながる」とおっしゃっていました。

私はその意見には反対で
セミナーや個別相談では、限られた時間でめいっぱい知っていることを話し、話を聞きます。

それで解決できるなら、それに越したことはありません。
同じく本を書く目的も、「実際に」読者の役に立つためです。

最近は、自分の宣伝や顧客の獲得を目的とする本が増えています。

特に相続税に関しては、税理士本人ではなくライターが書いた本も多く出版されており、
それに批判的な意見も多いです。

でも私は、税理士が書くと難しくなる話を、書き読みやすくするためにライターを使うなら
それはありだと思っています。

※ただし、ライターに書かせ、かつ、宣伝や顧客獲得だけが目的という本は
肝心なこと(じゃあどうしたらいいのか)をあえて書かず、分かりにくい本になっているので、論外です。
また、私自身は絶対ライター本は出しません。

専門家の専門知識は、せっかくなら顧客のために生かしたいもの。

読みやすい本を作るサポートをすることも、そのひとつです。

-相続・遺言・遺産分割

関連記事

マンション敷地への小規模宅地等の特例適用

今日は、コープ生協さんでの講演でした。 コープさんには今年2月にもお邪魔していて、今回はその続編を、というご依頼があり 「小規模宅地等の特例」「生前贈与(主に特別受益、つまり遺産分割への影響)」「相続 …

生前贈与の遺産への持戻し、10年限定になったのは遺留分侵害額の算定だけ。相続分は違います

週刊朝日2019年11月8日号 「きょうだい格差が招く相続トラブル」に取材協力・コメントしています。 兄弟格差は、相続争いの永遠のテーマですが 「過去どのくらい前までの生前贈与を、親からの遺産の先取り …

国税庁HPに「相続税の申告要否判定コーナー」が開設されました

昨日5/11より、国税庁のHP上に「相続税の申告要否判定コーナー」が設けられています。 ●福田真弓プロフィール ●個別カウンセリング・メールカウンセリング ●雑誌WEB等取材・執筆 ●新聞掲載 ●テレ …

親族による財産の使い込みを防ぐには

おとといの新聞に「生前贈与手続、無料で代行 三菱UFJ信託」という記事がありました。 教育資金贈与信託の手数料も無料でしたが、こちらも無料だとのこと。 目次1 信託銀行の暦年贈与信託サービスが無料の理 …

結婚20年以上の夫婦間で自宅を贈与。遺産分割対象外でも遺留分は侵害できない

民法相続編が改正され 婚姻期間が20年以上の夫婦間で、配偶者の一方が他方に対し、自宅の ・ 贈与(生前に渡すこと) ・ 遺贈(遺言で相続させること) をした場合、自宅は遺産分割の対象から除かれることに …