税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

近況報告

お知らせ

テレビ出演

7月16日に、BSテレビ東京「日経モーニングプラス」に出演させて頂きました。

テーマは「相続法改正」。

他の番組では、キャッチーで一般の方にも理解しやすい
配偶者居住権や特別寄与料がテーマだったようですが

ディレクターさんにお願いし、より実務上の重要性が高い
遺留分の金銭債権化や居住用不動産の持戻し免除、自筆証書遺言をテーマにして頂きました。

10分弱でどれだけ話せるか分からず、また、いつも通り非常に緊張しましたが
(スタジオにひとりだけ「素人」がいると、非常に浮いてしまうのです)

今回も出演者のみなさんがリラックスさせて下さり、なんとか終了。
みなさん、大変お世話になり、ありがとうございました。

講演

また少し先になりますが
10月19日に日本FP協会主催FPフェア2019で「相続法改正で変わる相続実務」の講演を行います。

5月に日本FP協会の神奈川支部で、同じテーマの話をしているものの
その時のレジュメ52ページを、今回は規定により20ページまで減らさなければならず、四苦八苦。

それ以後に明らかになった、相続税の通達の内容も入れたいし…と悩みつつ
ようやく今朝、レジュメを事務局に提出しました。
今月末の締切に、なんとか間に合ってよかったです。

参加資格者はCFP、AFPの資格を持つ方で、8/1から先着順で申込受付が開始されるとのこと。

来週、FPのお友達向けに相続法改正の勉強会をするので
どんな点を疑問に感じるのかなどを、しっかり確認してこようと思います。

ひとりごと

8月後半にとある試験を受けるため、ひとり黙々と受験勉強をしています。

複数年計画ではあるものの、今年パスする心意気でやらないと
来年、再来年と長期化した結果、断念するのは、たぶん税理士試験と同じ。

まとまった時間が取れず、老体にムチ打つのはしんどいですが
縁あって、新しい分野の知識を得るのは楽しく
日々の仕事にフィードバックしながら、目の前の霧が少しだけ晴れる気がすることがあります。

ま、前に進めばまた次の霧が立ち込めるんでしょうけどね…
それもよし、と。

-お知らせ

関連記事

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が15刷11万部になりました

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が なんと15刷、11万部になりました。 出版社さんが、全国各地の新聞に、広告を掲載し続けて下さっていることもあり アマゾンの総合ランキングでも、 …

「自分でできる相続税申告」が3刷になりました

目次1 メディア情報1.1 『自分でできる相続税申告』が3刷になりました1.2 来月中旬から、新聞のコラム連載がスタートします2 税制改正による本の「内容陳腐化」問題3 ひとりごと メディア情報 『自 …

新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」は12/20発売です

目次1 12/20発売 新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」2 「自分でできる相続税申告」をブログで紹介して下さいました3 ひとりごと 12/20発売 新版「身近な人が亡くなった後の手続のすべ …

メディア掲載情報

年明け以降のメディア掲載情報です。 目次1 メディア掲載情報1.1 日本経済新聞 2020年2月29日朝刊1.2 読売新聞 2020年2月13日朝刊1.3 ハルメク 2020年3月号1.4 サンデー毎 …

生前贈与の遺産への持戻し、10年限定になったのは遺留分侵害額の算定だけ。相続分は違います

週刊朝日2019年11月8日号 「きょうだい格差が招く相続トラブル」に取材協力・コメントしています。 兄弟格差は、相続争いの永遠のテーマですが 「過去どのくらい前までの生前贈与を、親からの遺産の先取り …