税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

2016年 年間ベストセラー

お知らせ

今年の年間ベストセラーが発表されました!

おととし、共著で執筆した

は、昨年、トーハンの「総合ランキング」で16位、日販でも総合19位に入り
今年はその影響で、著者一同、各方面からいろいろなお仕事をご依頼頂き、
また、本自体も引き続き着実に売れ続けていたところ…

今年の年間ベストセラーでも、総合ランキングこそ20位以下でしたが、
部門別では、トーハンの「単行本・実用書」部門で4位
日販では「単行本ビジネス」部門で5位に入ったというご連絡を、出版社さんから頂きました。

そして、Amazonでは「和書総合」でランキング20位に入っているとのこと!

そんなこんなで、昨日、また1万部の増刷が決定し、累計41刷/52万部となりました。本当にビックリです。

増刷の都度、少しずつ手直しもしています。

所得税は、今日現在、
国税庁からはまだマイナンバー対応済の平成28年分申告書が公表されていないので、従来の書式のままですが
(案のみで正式版はまだ)、準確定申告用の付表は「マイナンバー」記載欄のある付表に差し替えました。
相続税は、平成28年1月1日以後に亡くなった方の申告から、
既に「マイナンバー」記載欄のあるひな形に変わっていますので、今回の増刷で差し替えています。

それにしても、手に取って下さったみなさまや、あちこちで新聞広告をして下さっている自由国民社の方々には、
本当に感謝の言葉しかありません…(>_<)

ありがとうございました。そして引き続き、どうぞよろしくお願いします。

-お知らせ
-

関連記事

「自分でできる相続税申告」が3刷になりました

目次1 メディア情報1.1 『自分でできる相続税申告』が3刷になりました1.2 来月中旬から、新聞のコラム連載がスタートします2 税制改正による本の「内容陳腐化」問題3 ひとりごと メディア情報 『自 …

12/7(月)生活設計塾クルーのクルーセミナーでお話します

12/7(月)、生活設計塾クルーのクルーセミナーにて 「サラリーマン家庭でも知っておきたい相続・贈与の基礎知識」というテーマで、お話をさせて頂きます。 3年連続でお声掛け頂いたこともあり、今年は少し違 …

週刊東洋経済の最新号に執筆しています

今日発売の週刊東洋経済最新号に、「ケーススタディで見比べる 相続対策損しないコツ」を執筆しています。 私が執筆した全4ページは相続税の話がメインですが、今回の誌面では、 身近な人が亡くなった後の手続の …

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が15刷11万部になりました

『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が なんと15刷、11万部になりました。 出版社さんが、全国各地の新聞に、広告を掲載し続けて下さっていることもあり アマゾンの総合ランキングでも、 …

共著本『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が発売されます

司法書士の児島明日美さん、社会保険労務士の酒井明日子さん、そして私の3人で執筆した 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』(自由国民社)が、今週末発売されます。