税理士・カウンセラー 福田真弓のブログ

Living Planner

人生に、サステナブルな豊かさと心の健康を

Sustainable wealth and mental health

ビジネスは「戦い」じゃない

生きる・働く

さくらんぼがいっぺんに大量に届いてしまい(お中元とふるさと納税のお礼)
とても食べきれないので、さくらんぼ酒を漬けました。

昨年漬けた梅酒もなくなりそうなので、梅酒も早く漬けないと。

先日、友人から手作りの梅ジャムを頂いたのですが
自宅の庭に梅の木があり、梅を消費するのが大変だとのこと…うらやましい限りです。

**********

先日流し読みした、LINEの元CEOの森川亮さんの本で見つけた言葉。

だから、僕はビジネスとは戦うことではないと思います。
それよりも、シンプルにユーザーのことだけを考える。
そして、「ユーザーが本当に求めているもの」を生み出すことに集中する。
その結果として、勝利はもたらされるのです。

税理士の業界も、顧客が減少し、報酬も低価格化の傾向にあり
「他の税理士に勝つためにはどうするか?」のような、セミナーや本を目にします。

知識、営業力、ビジネスセンス、情報量、資金力、事務所の立地など、税理士の売りは人それぞれ。
でも、私は「縁あって出会ったお客様が、自分に求めているもの(=顧客のニーズ)」をちゃんと見ていれば
他の同業者はあまり意識する必要がなく、ましてや戦う必要性もないように思います。

じゃあ、戦う「相手」はともかく、戦う「場所」を選ぶ必要はあるか。

それだって、「お客様は、なぜ自分に仕事を依頼したのだろう」と考え続ければ
自然と自分の立ち位置(戦い場所)が、なんとなくですが分かります。
(相手が自分と結婚した理由は何だろう、という問いとも、ある意味同じ?)

「働く」とは「はたをらくにする」こと。
だから、自分にできることでしか、傍(はた)を楽にはできないのは当たり前。

相手や場所を選ばずとも、自分にできること・できないことがちゃんと認識できれば
競わず、負けず、働き続けられるような気がします。

ま、なでしこの試合を見ていると…戦って、バシっと相手を倒す女性にも憧れますけれど(*^_^*)

-生きる・働く

関連記事

暑さに備えた体力づくり

けっこう早寝早起きだし、暴飲暴食もほとんどせず。 20~30代の頃よりずっと健康的な生活を送っているのに、なぜか疲れやすくなったな~と感じていた今日この頃。 パソコンに向かっても、本を読んでも、肩が凝 …

「日経モーニングプラス」に出演しました

「あっ」という間と言いたくないけど、あっという間。忙しくも学びの多い1月でした。 目次1 テレビ出演2 講演3 未来経営塾 冬合宿・プレセミナー テレビ出演 先週、BSジャパン「日経モーニングプラス」 …

76万4000部。これも小さな一歩の積み重ね

  今や「身近な人が~」と画像検索でググると、類書がたくさんありますが 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』が3000部増刷されることになり 累計で76万4000部となりました。 発売か …

日本人の平均寿命が過去最高に

平均寿命、女性86.83歳で3年連続世界一 14年 (日本経済新聞電子版 2015年7月30日) 2014年の日本人の平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳で、 いずれも過去最高を更新したことが …

当たり前のことを当たり前にやる。ただそれだけ

未来経営塾のOBインタビューに同行してきました。 今回は、1か月前にJASDAQへ新規上場した、株式会社エヌリンクスの副社長、栗林圭介さん(第2期生)です。 目次1 未来経営塾とは2 「塾で学んだこと …