税理士・ファイナンシャルプランナー 福田真弓のブログ

楽しく生きるために大切な、お金や税のことをわかりやすく

獺祭の蔵見学。桜井社長に案内して頂きました

生きる・働く

未来経営塾のメンバー、プラス、夏のドイツ旅行で知り合った日本経済新聞のSさんご夫妻と共に
山口県の徳山駅から、車で30分以上走った山間にある、旭酒造の本社と蔵を訪問しました。

P1010762


IMG_0213

いわゆる見学用の蔵ではなく、急ピッチで増産体制中の一般向けには非公開の蔵にお邪魔するため、
ホコリを持ち込まないよう、全員、頭から足先まで、白衣をスッポリかぶり。

P1010718
IMG_0219[1]

部屋中、獺祭のいい香り ♪ の中、真剣にお話を伺い…

P1010727
IMG_0237
IMG_0231
P1010744
IMG_0261
IMG_0264

獺祭は、杜氏を使わない製造方法で有名ですが、とはいえ手作業の工程がかなり多く
若い社員さんが、一生懸命働いていらっしゃいました。

獺祭は、全国的に品不足だそうで

IMG_0280

併設のショップでも、「磨き3割9分」「磨き2割3分」は開店早々に完売し、残るは720mlで32,400円もする「獺祭 その先へ」のみ。それすら、経営塾のメンバーが購入し、ケースは空!

P1010760

外も、蔵も、凍えるほど寒かったのですが、それを忘れるほど、本当に楽しかったです。

**********

蔵見学の前日には、地元の経営者向けに、桜井社長と安本の講演と対談がありました。

現役社長とコンサルの掛け合いは、二人の視点が一致している点・違いが顕著な点、
どちらについても突っ込んだ話を聞け、参加者にも好評でした。

印象的だったのは、安本が「社員は社長が育てるものだ」と言えば、桜井社長は「社員を育てるのは無理。育つしかない(=育つ資質のある人だけが育てばよい、というニュアンス)」と異論を唱えていらした点。

翌日の蔵見学の際、若い社員の方が多そうだったので、責任者の方との雑談中に、
「若い社員さんのモチベーションアップは、どうされてるんですか?」とお聞きしたところ、
「物欲を刺激するのが一番早いんです。車とか、時計とか」とのこと…。

安本は「人間の成長したいという心が一番大事。社員のそんな意欲を育てるにはどうすべきかを考えろ」と
いつも言いますが、理想論と現実は乖離が大きく、中小企業の現場でそれはかなり難しそうでした。

講演後は、社長のご招待で、地元のふぐと獺祭づくし。

P1010694
P1010709
P1010711

地元の経営者の方とも、たくさん飲みながら、たくさん議論できました。

********

今日が仕事納めの方も多そうですね。

私は今日の来客3件を終え、お客さま仕事はひとまず終了。
今年は本当に、目の回るような忙しさでした。

週末は、事務所の大掃除と年賀状書きにいそしみます。

-生きる・働く
-

関連記事

買い占める人を否定はしない。でも考えた結果、自分はしないと決めてます

今週は、平日日中の都心部でも、トイレットペーパーを抱えた人をたくさん目にし 最初は「?」でした。 買い占めが起きているのは、マスクや消毒液だけかと思っていたので。 確かに私も不安です。 ウイルスは目に …

「教養」は見える人には見える

知識や経験が豊富なら、必ずビジネス相手から信頼されるでしょうか。 「それだけではどうやら足りない・・・」仕事を続けていると、そんな壁にぶつかります。 意外にも、「茶道についてもっと知りたい」と読んだ『 …

謙虚と卑屈は違いますよ

目次0.1 「謙虚」なのと「卑屈」なのとは、全然違いますよ0.2 これ見よがしに聞こえても、実はそうじゃない0.3 自分をもっと大きく見せた方がいい?1 ひとりごと 「謙虚」なのと「卑屈」なのとは、全 …

「伝えた」事実より「伝わる」努力

自分は伝えたはずなのに、相手には伝わっていなかった、ということがあります。 友人や同僚、上司、お客様などと、あとで「言った」「言わない」のトラブルにならないよう、はじめから「伝わる」努力をしたいもので …

「ひとり仕事」は厳しさもやりがいも。だから楽しい

自宅と事務所、両方から行きやすいので、よくお邪魔している懐石料理のお店、 はらまささん。 ご主人の原さんが、ひとりで切り盛りしています。 今年の初め、ご主人が自転車での通勤途中に転倒、足を骨折し、お店 …